運動は健康に大切

より良い人生を送るためにできる事柄を実践する寿命を延ばそうとする医学上の努力がそれほど大きな成果を見てはいないといっても,各人が70歳かそれ以上生きるため,そして特に自分の人生をより良いものにするため,自分にできることを行なわなくてもよいという意味ではありません。
というのは,寿命を延ばそうとしてどんなことをしたとしても,その人の人生がある程度幸福で,他の人々にも益を与えるものでなければ,それほど価値はないからです。
今日,長生きをするために“健康”食品,規定食,および心身両面の運動など様々なアイデアが提出されています。
健康のために走っている人を,町中や郊外の道で見かけることは珍しくありません。
保健雑誌や健康食品店はよく見られます。
幾千人もの精神病医は個人的な相談に応じる精神分析家として開業しており,様々な種類のめい想にふける人もいます。
環境保護論者たちは,今やあらゆる国に住む人の健康を脅かす公害を少なくするために闘っています。
自分の健康を気遣い,有害な事柄を避けるため道理にかなった予防策を講じておくのは良いことです。
良識的な食習慣,無理のない程度の有酸素運動,それに自分と他の人のためにも環境を汚染しないよう注意することなどはいずれも有益です。
どんなことであれ,不節制をするなら,寿命を縮めることになりかねません。
そうした不節制の中には,アルコール中毒,麻薬中毒,および栄養の摂りすぎなどが含まれます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | エアロビック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。