やせすぎで平均体重より20%以下に注意

ハーバード大学のジョアン・マンソンは,減量により、やせすぎるのも健康にとって危険であることを知ってほしいと考えている。
ウォールストリート・ジャーナル紙は,「栄養不足,過度の運動,あるいは過度の喫煙などでやせすぎる場合があると思う」というマンソンの言葉を引用している。
そして,極端なダイエットを危険な処置として非難している多くの医師の言葉を引き合いに出し,減量により不自然なほどやせて,体重が身長に対する平均体重より20%少ない場合に生じる危険として,無食欲,骨粗鬆症,ホルモン障害,転倒,骨折,回復の遅滞などを挙げている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

モデルの体形がダイエット開始の犯人

「体形を気にし,ファッションモデルや人気スターのようになりたいと願って食事を抜く十代の女子生徒があまりに多い」と,ロンドンのデーリー・テレグラフ紙は述べている。
英国の学校健康教育課が30万人の生徒を対象に行なった食習慣調査によると,14歳と15歳の女子の40%余りは「朝食を取らずに登校しており,1984年の統計と比較して,朝食抜きで出かける生徒数はほぼ2倍になった」。
昼食を抜く生徒も増え,1984年の2%が2001年には18%になった。
拒食症や過食症などの摂食障害になる危険が高いため,女子校の校長たちは生徒の体重の変化を監視するよう求められている。
男子もますますダイエットに関心を示すようになっている。
減量したいと思う男子生徒は,12歳と13歳で31%,14歳と15歳で25%であり,それぞれ前回の26%と21%を上回っています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

ダイエット産業は、繁栄しています。

ダイエット産業は莫大な利益を上げています。
以前の体形を取り戻そうと必死の思いの人々がいるためです。
しかし,そうしたダイエット法について専門家は何と述べているでしょうか。
「フード・ファイト」は,「肥満は治療が非常に難しく,ほとんどの人は減量してもその体重を維持できない」と述べています。
「どんなに楽観的に見ても,減量した体重を維持できる人は25%[4人に1人]だ。
それも多くの場合,何度も試みての話である」と。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

思春期に体脂肪が増えるのは普通

若者のダイエット12歳から18歳までのカナダ人の少女1,739人を対象にした最近の調査により,27%の少女に摂食障害の症状が見られることが分かった,とグローブ・アンド・メール紙は伝えている。
都市部,都市近郊,農村部に住む少女たちが調査に参加し,食事に対する見方や,自分の体型の気に入らない点について尋ねたアンケートに答えた。
データによると,わずか12歳の少女でも,むちゃ食いと排出行動(自己誘発性嘔吐)をしたり,減量のためにやせ薬や下剤や利尿剤を使ったりしていた。
トロント大学ヘルス・ネットワークの研究科学者ジェニファー・ジョーンズ博士によると,特に少女たちは,「食事と運動に対して健全な見方を育む必要がある。
また,自分の体について知り,広告看板や雑誌やロックビデオなどで目にする体が普通だというわけではないことも知る必要がある」。
グローブ・アンド・メール紙はこう付け加えている。
「思春期に体脂肪が増えるのは普通のことであり,正常な成長を遂げるうえでも大切だということに,十代の少女の多くは気づいていない」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量した95%の人が5年以内に元の体重に戻ります

成功することは可能か太り過ぎは複雑な問題です。
毎年推定8,000万人の米国人がダイエットを始めますが,ほとんどすべての人は幾らか減量するとすぐに元の食習慣に戻ります。
5年以内には,95%の人が元の体重に戻ってしまいます。
減量し,その体重を維持するためには,生活様式を変化させることが必要です。
そうした変化を遂げるには,家族や友人の協力に加えて,努力と決意が求められます。
場合によっては,医療関係者からの支援も必要かもしれません。
とはいえ,努力を実らせるには,意欲的な心構えが不可欠です。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

58%の少女が自分は太っていると考えていました

体重。
この言葉はある若い人たち,それも特に女の子たちの間で,ほとんど強迫観念になっています。
学齢期の女の子の集団を対象に調査したところ,58%の人が自分は太っていると考えていました。
米国のある調査によると,十代の太り過ぎの女の子たちの34%は減量するために痩身薬を飲んだことがあり,ほぼ4人に一人は食べた物を無理に吐き出したことがあります。
「新版 十代の体」という本は別の調査について次のように報じています。
「ひどい話だが,9歳の子供のほぼ半数と10歳から11歳の子供の80%はダイエットしていた。
12歳から16歳までの少女の約70%は減量を試みていた。
また,17歳の人の90%がダイエット中であった」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量は長期戦が必要です

果てしなく続く闘い目標の体重に到達するのは,長期戦に勝つようなものです。
しかし緒戦を乗り切っても,本当の闘いは始まったばかりです。
中年で座業に携わる人たちは,苦労して減らした体重を維持するため,食べ物に注意を払わなければなりません。
その秘訣は,ダイエットを生涯の計画としてとらえることです。
目標は減量から体重維持に修正されるかもしれませんが,決して闘いが終わったわけではありません。
昔の食習慣に戻れば,体重も戻ってしまうでしょう。
目標の体重に到達したなら,記念に新しい服を買うのはいかがでしょうか。
それから,古い服を処分することを考えてください。
まさかの時のために,古い,だぶだぶの服を取っておくのは,失敗するつもりでいるようなものです。
過度にゆったりしていない服を着れば,望みに反してサイズが逆戻りしていることにすぐ気づくでしょう。
体重維持のための食事は減量食より変化があっても,生涯努めて低脂肪,低糖分の食品だけを取るようにしてください。
また,定期的な運動もやめないでください。
それが良い体調を保つ秘訣なのです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

針金であごを縛り減量するのは危険

針金ダイエットエルサレム・ポスト紙は,減量を望む一部の人の間に見られるイスラエルにおける最近の傾向について伝えた。
ある人たちは食べる量を減らすために,医師や歯科医に頼んで針金であごを縛ってもらっている。
当局は,「針金で縛る方法が新聞の広告に載るようになって」この傾向に気づいた。
これは違法な行為である。
イスラエルの保健省が,患者を針金で縛るこの種の方法をやめさせるのに成功した歯科医は,これまでに10人ほどいる。
同紙によると,保健省の歯科保健部門の責任者であるモシェ・ケルマン博士は,同部門では減量のために針金であごを縛った18歳の少女が自殺した事件を調査中である,と述べた。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

ダイエットしても5年以内には,95%の人が元の体重に戻ってしまいます

成功することは可能か太り過ぎは複雑な問題です。
毎年推定8,000万人の米国人がダイエットを始めますが,ほとんどすべての人は幾らか減量するとすぐに元の食習慣に戻ります。
5年以内には,95%の人が元の体重に戻ってしまいます。
減量し,その体重を維持するためには,生活様式を変化させることが必要です。
そうした変化を遂げるには,家族や友人の協力に加えて,努力と決意が求められます。
場合によっては,医療関係者からの支援も必要かもしれません。
とはいえ,努力を実らせるには,意欲的な心構えが不可欠です。
それで,『わたしはなぜ減量したいのだろう』と自問するのは良いことです。
病気になる危険を避けたいという願いと共に,気分も見栄えも良くし,生活の質を向上させたいという願いがあれば,減量のために払う努力が実る可能性は高くなることでしょう。
栄養があり,低カロリーで,おいしくて満足のゆく食べ物はたくさんあります。
しかし,減量に役立つ食べ物のことを考える前に,食生活の種々の要素がどのように健康を脅かすものとなるかを調べてみましょう。
肥満とは大抵,理想的と考えられている体重を20%以上超過している場合をいいます。
1995年版のガイドラインはほとんどの年齢層に当てはまりますが,すべてというわけではありません。
ロバート・M・ラッセル博士はJAMA誌,1996年6月19日号(英文)で,「新しい体重のガイドラインは恐らく,65歳以上の人には適用できないという点で,大方の意見は一致している。
年配者は,少し太りぎみのほうがよい場合さえある。
病気の間のエネルギーの蓄えになるし,筋肉と骨を維持するのにも役立つからである」と述べています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量はだれにでも出来ます。

私が減量できたのですから,だれにでもできます!



妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、

内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。

妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

一方、水を飲むと、満腹感を味わうことができるため、減量効果が得られます。

減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。

この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でも減量に役立てましょう。
ダイエットは、サイエンスです。
妊婦は、豆腐、りんごなどをメニューに取り入れた食事、水泳などの運動をどうぞ!!
妊婦は、産後、断食も効果があるかもしれませんネ!
妊婦は、産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事で減量しましょう。
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

体形を気にし,ファッションモデルや人気スターのようになりたいと願って食事を抜く十代の女子生徒があまりに多い

十代の食習慣「体形を気にし,ファッションモデルや人気スターのようになりたいと願って食事を抜く十代の女子生徒があまりに多い」と,ロンドンのデーリー・テレグラフ紙は述べている。
英国の学校健康教育課が30万人の生徒を対象に行なった食習慣調査によると,14歳と15歳の女子の40%余りは「朝食を取らずに登校しており,1984年の統計と比較して,朝食抜きで出かける生徒数はほぼ2倍になった」。
昼食を抜く生徒も増え,1984年の2%が2001年には18%になった。
拒食症や過食症などの摂食障害になる危険が高いため,女子校の校長たちは生徒の体重の変化を監視するよう求められている。
男子もますますダイエットに関心を示すようになっている。
減量したいと思う男子生徒は,12歳と13歳で31%,14歳と15歳で25%であり,それぞれ前回の26%と21%を上回っている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

1週間に20`歩くなど適度な量の運動をするなら,ダイエットしていない人でも体重の増加を防ぐことが出来そうです。

適度な運動の勧め「1週間に20`歩くなど適度な量の運動をするなら,ダイエットしていない人でも体重の増加を防ぐことができ,減量できる場合もある」と,FDAコンシューマー誌は伝えている。
「40歳から65歳の運動不足で肥満気味の男女182人」を対象にした8か月に及ぶ研究は,「運動量と減量に明確な関係があること」を裏づけている。
被験者は四つのグループに分けられ,通常どおりの食生活を続けた。
三つのグループはさまざまな量の運動を行なったが,四つ目のグループは対照群として運動を行なわなかった。
同誌によると,「対照群は研究期間中,体重が増加した。
一方,運動を行なったグループはいずれも,対照群と比較してウエストや腰回りがかなりスリムになった」。
この研究結果は,毎日30分歩くなどのちょっとした運動だけでも,多くの場合,体重を適正に管理できることを示唆している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

水を十分に飲むことは,減量のためにも重要な要素です。

命を支える貴重な液体―水 :水は生命にとって酸素に次いで必要不可欠なものです。
人は食べ物がなくても数週間は生きられますが,水がなければ5日ほどしか生きられません。
わたしたちの体重のおよそ4分の3は水です。
例えば,脳の75%から85%は水であり,筋肉も70%が水です。
水の働きはいろいろありますが,食べた物の消化吸収を助け,栄養分を細胞へ運びます。
毒素や他の廃棄物を取り去り,関節や大腸の潤滑剤の役目も果たします。
ところで,水を十分に飲むことは,減量のためにも重要な要素であることをご存じだったでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

40歳で太り過ぎの人は,そうでない人より寿命が少なくとも3年縮みます。

太り過ぎの危険「40歳で太り過ぎの人は,そうでない人より寿命が少なくとも3年縮む可能性がある。
つまり中年で太っていると,喫煙者と同じほど平均余命が短くなる」と,ニューヨーク・タイムズ紙は伝えている。
ある病院の減量クリニックの責任者セルジュ・ジャバー医師は次のように述べている。
「この調査によれば,30代半ばから40代半ばにかけて太り過ぎている場合,後に幾らか体重を減らしても死亡の危険性が普通より高い。
……要は早くから体重を管理すること。
長くほうっておくと,取り返しがつかないかもしれない」。
減量すれば,がんによる死を防げる場合もある。
ニューヨーク・タイムズ紙によると,米国がん協会は,16年にわたって90万人を対象にした調査から,「体重過剰は男性のがん死亡の14%,女性のがん死亡の20%の原因と考えられる」という結論に達した。
複数の調査結果により,体重過剰と種々のがんとの関連が指摘されている

posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

企業は,禁煙や減量のコースに加え,グループで行なう様々な健康プログラムを実施している

健康と病欠フィンランド健康協会の研究によれば,運動によって病気欠勤は減る。
フィンランドの雇い主の多くは,従業員が欠勤しないようにするために,この知識を応用している。
「フィンランドの勤労人口の半数は,従業員用の健康プログラムを持つ企業で働いている」と,フィンランド産業・事業者連合発行の「フィンファクツ」は伝えている。
「企業は,禁煙や減量のコースに加え,グループで行なう様々な健康プログラムを実施している」。
フィンランドの各種企業は,そうしたプログラムに年間6,700万j(約80億4,000万円)余りを投じているが,長期欠勤が減ることにより,何倍にもなって返ってくると見ている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

ウォーキングは,減量やストレス解消だけでなく,「血圧や心臓発作の危険」を下げます。

健康のために歩くウォーキングは,減量やストレス解消だけでなく,「血圧や心臓発作の危険」を下げるのにも役立つと,トロントのグローブ・アンド・メール紙は述べている。
健康を保つには,ある程度の時間をかける必要がある。
どのくらいだろうか。
「『カナダ運動ガイド―元気で活動的に生きる』によると,中程度のペースで歩く場合は1回に少なくとも10分,1日に合計60分は歩く必要がある」。
早足や自転車乗りを1日に30分から60分,またはジョギングを毎日20分から30分行なうことも健康維持に役立つと考えられる。
同紙は,軽くて,通気性があり,底が柔らかく,土踏まずをしっかりと支え,内底が衝撃を和らげ,つま先がゆったりしている靴を履くように勧めている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

母乳を与えると乳がんの危険が減り,出産後の減量を早める。

母乳がいちばん「母乳はあらゆる薬の母である」と,ニューズウィーク誌(英語)は言う。
「母乳を飲む乳児は,脳の正常な発育に必要な栄養素を摂取でき,同時にアレルギー,下痢,湿疹,肺炎などにかかる危険性も低くなる」。
そのため,アメリカ小児科学会とアメリカ食品栄養学会は,少なくとも1年,新生児に母乳を与えることを母親たちに勧めている。
「ところが,非常に質の良いこの栄養源の大部分は利用されていない」と,ニューズウィーク誌は述べている。
なぜだろうか。
その原因は誤った情報にあることが多い。
乳児を健康に育てるのに十分の母乳が出ないかもしれないという心配をする母親もいる。
また,早くからほかのベビーフードも食べさせる必要があると考える母親もいる。
「しかし実際には,たいていの母親が,赤ちゃんの毎日の食物に固形食を加えるようになる生後6か月ごろまで,赤ちゃんに必要な栄養をすべて与えることができる」と,その記事は述べている。
「他にどんなものを食べていようと,母乳に含まれる抗体と脂肪酸は,2歳ぐらいの子供に対しても有益な働きをする」。
これは母親のためにもなる。
母乳を与えると乳がんの危険が減り,出産後の減量を早める。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

ほとんどすべての人は幾らか減量するとすぐに元の食習慣に戻ります。5年以内には,95%の人が元の体重に戻ってしまいます。

太り過ぎは複雑な問題です。
毎年推定8,000万人の米国人がダイエットを始めますが,ほとんどすべての人は幾らか減量するとすぐに元の食習慣に戻ります。
5年以内には,95%の人が元の体重に戻ってしまいます。
減量し,その体重を維持するためには,生活様式を変化させることが必要です。
そうした変化を遂げるには,家族や友人の協力に加えて,努力と決意が求められます。
場合によっては,医療関係者からの支援も必要かもしれません。
とはいえ,努力を実らせるには,意欲的な心構えが不可欠です。
それで,『わたしはなぜ減量したいのだろう』と自問するのは良いことです。
病気になる危険を避けたいという願いと共に,気分も見栄えも良くし,生活の質を向上させたいという願いがあれば,減量のために払う努力が実る可能性は高くなることでしょう。
栄養があり,低カロリーで,おいしくて満足のゆく食べ物はたくさんあります。
しかし,減量に役立つ食べ物のことを考える前に,食生活の種々の要素がどのように健康を脅かすものとなるかを調べてみましょう。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

肉類に代えて,穀類,野菜類,豆類などをとればとるほど,体につく脂肪は減ります。

高脂肪の食品の代わりに複合糖質中心の食生活にするなら,必ず益があります。
太り過ぎている人であれば,体重も減るかもしれません。
肉類に代えて,穀類,野菜類,豆類などをとればとるほど,体につく脂肪は減ります。
ある女性は1年間で約25`減量したいと思いました。
約0.5`減量するには,カロリーの摂取を体が必要とする量よりも約3,500カロリー減らさなければなりません。
そのためにできるのは,食べる量を減らすことか,運動量を増やすことです。
彼女はその両方を行なうことにしました。
一日に摂取するカロリーを300カロリー減らしました。
また,週に約30`歩くようにし,そうすることによって約1,500カロリーを消費しました。
この計画を忠実に実行することによって,1週間に約0.5`減量することができています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量は、厳格なダイエットだけでは解決できません。

「私が減量できたのですから,だれにでもできます!」という記事で、減量とうまく闘っていることをとてもうれしく思う一方で,この記事を読んだ多くの人が,太り過ぎの人に必要なのは自制と食事制限だけだと考えるようになるのではないかと心配しています。
私には,「一日1,200から1,500カロリー」という食事で解決できるよりも大きな問題があります。
私には食べたいという強い欲求があり,ちょうど麻薬のようです。
私はアルコール依存者の親のもとで大人になったので,愛や自尊心に飢えており,それを満たそうとしていたことに,最近ようやく気づきました。
それでこの複雑な問題は,厳格なダイエットだけでは解決できません。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量することに生きがいを感じる人は、職場では憂鬱??

わたしたち人間が本能的に人生の目的を求めるという事実は,創造者が一つの目的を達成するために人間を創造されたということを強力に裏づけています。
心理学者のギルバート・ブリムは人間が本能的に目的を求めるということについてこう述べています。
「多くの人は自分を成長させる機会ややりがいを職場に見いだす。
しかし,それができない人々は,他のところに特別なやりがいや達成感を求める。
例えば,減量すること,左足下がりの斜面で6番アイアンを使うショットをマスターすること,形のよいオムレツを作ること,ハンググライダーや未知の食べ物に挑戦するという冒険を行なうことなどがそれである」。
精神科医のビクター・フランクルは,「人生に意義を見いだそうとする奮闘は,人間に動機づけを与える主要な力である」とまで述べています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量の記録をつけることは、大切です。

好ましくない習慣との闘いの初期段階を首尾よく切り抜けた後でさえも,最初にその習慣を断つのに役立った方法を用い続けるのは肝要なことです。
そのような方法を継続的に用いることもできますし,場合によっては,ストレスを感じたり誘惑を強く受けたりする時などに,時々用いるだけでよいかもしれません。
例えばあなたは減量しようとして,毎日あるいは毎週体重を量るなどして,進捗状況をチェックするための記録をつけていたかもしれません。
この方法は癖を直すのに役立ちますし,もう大丈夫と思えてもやめるべきではありません。
またあなたは,克服しようとしている習慣に首尾よく抵抗するたびに,何かの形で自分にほうびを与えるという方法をとっていたかもしれません。
この方法に少し手を加えるなら,逆戻りを防ぐのに役立つ場合があります。
また,友人からの助けも悪習を断つ方法の一つに含めていますか。
過去の悪い習慣から離れているために,友人からの助けを活用してください。
特に圧力を感じる時,後戻りに抵抗する助けとしてほかにどんな方法がありますか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

代替手段(何かに夢中になり、それに頭を満たす)によって抵抗し、減量に成功する。

ウェイト・ウォッチャーズ・インターナショナル株式会社の心理学の理事R・スチュアート博士は,減量をしようと懸命に努力している人に次のように勧めています。
「夢中になれる一連の活動を行なって頭の中を忙しくしていなさい。
何かを作ったり趣味を楽しんだりするととても役に立つものだ。
すぐにその活動に携われるよう,可能なら手近な所に材料を用意して,仕事場をいつでも使えるようにしておきなさい」。
あなたもこのような方法から益を得られるかもしれません。
そうです,以前の悪い習慣を健全な活動で置き換えるのです。
思い起こしてみると,生活が緊張していた時,そのような習慣はあなたにある程度の気晴らしをもたらしたことでしょう。
ですから,それと同じ目的を効果的に果たす代替手段を選んでください。
読書をしたり,運動をしたり,楽器を演奏したり,絵を書いたり,友人とおしゃべりをしたりすることができます。
代わりになりそうな活動のリストをすぐにでも書き出してください。
自分が打ち込むことにした活動に注意を集中してください。
以前の習慣と同じように,そうした新しい活動を何度も何度も行なってください。
このようにすれば,ストレスを感じた時にそうした活動から助けを得ることが一層容易になります。
実際のところ,新しく置き換えられたこうした活動は習慣,そうです,良い習慣になるのです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量に成功したひとの話

減量の解決方法によって、昨年の4月,ある人は、58歳になる女性で体重が177ポンド(約80`)あり,糖尿病をわずらい,しかも高血圧で,非常に気がめいっている状態でもありました。
今では体重は158ポンド(約72`)になり,インシュリンも以前ほど必要ではなく,血圧は極めて良い状態にあります。
めいっていた気分も吹き飛んでしまいました。
糖分と脂肪分の摂取量に気をつけ,毎朝,両手首に1ポンド(約450c)のおもりを付けて3マイル(約5`)歩いたため,このような好結果が得られたのです。
歩いている時の私はこっけいに見えたかもしれませんが,すでに幾つかの闘いで勝利を収めましたから,勝てると思います。
重ねて感謝いたします。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

ある人の減量への挑戦

減量 私は37歳で,病弱の身です。
太り過ぎの問題に取り組んでから,もう数年になります。
医師は絶食とタンパク質を用いた食餌療法を勧めてくださり,最初のうち,私の体重は急速に減りました。
ところが,その後,またもや体重が増え始めました。
その結果,挫折感を味わい,最後には,もうどうでもよいと思うようになりました。
減量の解決法から減量に挑戦する勇気が得られたように感じます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量に成功した人の発言

ある人は、減量の問題を扱った記事を読むのを数週間先に延ばしました。
と言いますのは,今まで私はほとんどずっと,太り過ぎの問題を抱えていたからです。
でも,この記事を読んでからはとても励まされ,優れた,愛のある提案を実行に移すことを真剣に考えるようにもなりました。
皆さんが同情心と理解と愛ある関心を示してくださったことに,感謝いたします。
私は大食家ではありませんが,代謝に関する問題を幾らか抱えているため,太り過ぎてしまいました。
そしてほとんどいつも,自分が見せ物になっているように感じます。
私がすることと言えばただ食べることだけだと想像して,私に偏見を抱いているやせた人たちは,私には必要ではありません。
太っている人が必ずしも大食家ではないことを指摘してくださって感謝いたします。
体重が減少し,快適な気分を味わっています。
本当にありがとうございました。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

定期的に運動をするほうが安全で安い減量方法です。

減量は財布の中味「あらゆる年齢層のアメリカ人が,固定自転車,漕力強化台,足踏み車,および,ぜい肉を取り筋力をつける他の高価な器具を,寝室や地下室に所狭しと置いている」と,ウォールストリート・ジャーナル紙が伝えている。
同紙はまた,「走ったり泳いだり,それに庭の手入れをしたりするといった昔ながらの方法でも,機械を使った場合と同量のカロリーをはるかに安い値段で燃焼させることができる」と述べている。
定期的に運動をするほうが安全でもあると言えよう。
機械が粗末に作られていたり操作を誤ったりしたため,また監督不行き届きのために生ずるけがが近年急激に増加している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

運動には夕方が最適です、理由は、新陳代謝が活発になるからです。

減量したいのであれば,運動に最適なのは……夕方である。
夕食前に激しい運動をすると二,三時間食欲が減退し,通常は1日の遅い時間には新陳代謝の機能が鈍るのにそれが速められるため,体はより多くの熱量を燃やすことになる」と,インダストリー・ウィーク誌は述べている。
その記事は,走るのに最適なのも夕方であろうと述べ,朝にジョギングをする人が午後に走る人より被害を受けやすいことを示す研究に言及した。
その理由はどこにあるだろうか。
1日の遅い時間になると筋肉組織が十分に伸び,より多くの体液が足を保護するのである。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

神経性食欲不振症のひとの病状について

ある人は、「私は母親として娘のためならどんなことでもしてやるつもりでした。
父親も,娘が食べたいというものがあればどんな物でも買ってやったことでしょう。
でも娘は何も求めませんでした。
私たちには娘がどんどんやせていくのが分かりました。
とても恐ろしい気持ちでした。
家族の中で泣かなかったのは私だけでした。
泣こうにも,私の心は鉛の塊のように重かったのです」。
何が原因で,さもなければ幸福な,一致した家族にそのような問題が起きたのでしょうか。
それは新婚のジェーンの夫が遭遇したのと同じ不思議な病気でした。
彼はその時の様子を今でもはっきり思い出すことができます。
「私は疲れてへとへとになるまで妻を説得しましたが,だめでした。
妻はすっかり心を決めていました。
こうなったらもうどうしようもありません。
ただ一つ私にできると思えたのは,物を食べないと自分だけでなくおなかの子にもどんな害を与えるかを具体的に話すことでした。
妻は妊娠していたものですから,私はひどく心配しました」。
幸い,どちらの場合も良い結果に終わりました。
最初の若い女性の場合,病気は回復したものの,それまでに4年かかっています。
二つ目の例のその母親は健康な男の子を産み,母親自身もいま回復に向かっています。
しかし,残念なことに,必ずこのように回復するとは限りません。
記録によるとイギリス諸島では,神経性食欲不振症の人100人につき15人がその病気で死にます。
あとの人たちのうち,完全に健康を取り戻す人は半数にすぎません。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

大食症の人の経験

ある人は大食症にかかっています。
この病気にかかった人はおう吐や通じ薬によって体から食べ物を出してしまいます。
この問題を抱える人々は,恥ずかしいのと尾籠な話になるのとでなかなか他の人に打ち明けることができません。
少なくとも私はそう感じていました。
親友や家族のおかげで私は気分も外見もだんだんよくなっています。
この病気を抱えている人は皆すぐに助けを求めるべきだと思います。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

神経性食欲不振症だった人の経験

これは,いま非常に多く見られる問題です。
私も最近その病気が治ったばかりなので分かるのです。
ですからこの記事には個人的に共感を覚えました。
私のためにわざわざ書かれた記事ではないかと思ったほどです。
この恐ろしい病気の経験を通して,すぐに医療を受けることの重要性がよく分かりました。
この治療には本人にも大きな努力が求められますが,親や家族の中の他の子供たちの協力もまた極めて重要です。
そうするだけの価値があるでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

高蛋白質の減量食には、注意しましょう。

サイエンス誌に載った最近の研究によると,近年人気を呼んでいる高蛋白質の減量食は宣伝されているほどの効果はないようである。
二つのグループのネズミを使って実験し,両方に同じカロリーの餌を与えてみた。
ただし,最初のグループの餌には蛋白質が5倍多く含まれていた。
その結果,高蛋白質の餌を与えられたグループのネズミは他のグループのネズミに比べて体重が22%ほど多くなった。
しかも,高蛋白質の餌を与えられたネズミの体重のほぼ4分の1は脂肪であったのに対し,2番目のグループのネズミの脂肪は体重の6分の1以下であった。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

食物を吸収する小腸の大部分を手術で切除する方法がある、しかし危険です。

徹底的な減量法の一つに,食物を吸収する小腸の大部分を手術で切除する方法がある。
しかしこの方法は重大な余病を併発する場合がある。
イングランドとウェールズの科学者から成るチームの研究によって,比較的年若い患者がこの短絡的な方法で減量を行なうと,骨の疾患である一種のくる病にかかる恐れが非常に高まることが明らかになった。
減量の手術を受けた21人の患者のうち,10人にその兆候が見られた。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量400Kgの人がいました。移動が大変だったようです。

1978年の3月に,米国のワシントン州に住むある男の人が動くことも話すこともできぬままシアトル大学病院に運ばれてから,400`以上も体重が減ったと報じられている。
ロバート・シュワルツ博士はこう語った。
「ジョンの病状が悪化していたので体重は計れなかったが,約1,400ポンド(約635`)はあったと思われる。
それ以上だったかもしれない。
ジョンは記録に残る最も重い人より,少なくとも300ポンド(約135`)は重かった」。
消防士たちはこの病気の男の人の家の窓をこわし,その人を厚い合板にのせて病院へ運んだ。
この人は「12月までに140`になることを希望しており,目標の約95`までやせてから退院することを考えている」とニューヨーク・ポスト紙は報じている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量手術には5%の死亡率がつきまといます。

減量しようとする決意は極端へ走ることがあります。
ひどい太りすぎに対する現代の療法は,上あごと下あごを針金で縛ってしまうものです。
こうなると,物を食べなければ気の済まない人も流動食だけで生きてゆかねばなりません。
さらに荒療治と言えるのは,食物が小腸の大半と大腸の一部を通らないようにするための手術です。
養分は腸壁から吸収されます。
ですからこの処置は,食物が同化されずに体内を通過することを意味します。
幸いなことに,この手術は通常復元可能です。
それでも,その手術には5%の死亡率がつきまといます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

犬の健康、走らせて減量。

日本の何軒かのペット・ショップで最近人気を呼んでいる商品は,犬が屋内にいても健康を維持できるようにする“ドッグ・ランナー”である。
これを発明した人の話によると,この着想が浮んだのは自分が二日酔で犬の散歩に乗り気でなかった朝のことだという。
「彼は自分の仕事場にあった古びたコンベヤー・ベルトの上にその犬を乗せ,機械を作動させた。
そのマルチーズ犬は最初のうちこそぐらついたりよろめいたりしていたものの,やがて動いているベルトの上で走り始めた」と英文毎日は伝えている。
福岡市の一獣医は,自分の診療所では犬の減量や健康改善のためにこの“ドッグ・ランナー”を用いていると語り,『ここを訪れる犬は大抵太り過ぎか足が非常に弱い」と付け加えた。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

適度な運動をする人や動物が実際には他のものより食べる量の少ない結果が出ています。

運動は体重を減らそうとするむなしい試みである,というのが一般の見方である。
なぜなら,わずか0.5キロ体重を減らすのに60キロメートル以上も歩かねばならない点が指摘されているからである。
このことは事実である。
しかしこれは歩くことすべてを1日のうちにしなければならないという意味ではない。
0.5キロの体脂肪に相当する数千カロリー分もの余分の食物を1日のうちにい,や2日3日かかってさえ摂取することはないであろう。
1日に1.6キロメートル,すなわち1年に約580キロメートル余分に歩けば,食物の摂取量が増えないとすると,年間を通して,5キロの体脂肪を燃焼することになる。
そのうえ,人々の考えとは反対に,このような適度なからだの運動が食欲を大きく増進させることはない。
事実,人間と動物を対象とした研究や実験によると,適度な運動をする人や動物が実際には他のものより食べる量の少ないことが繰り返し証明されている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a

減量した規定食(ダイエット)は人体の防御機構を向上させます。

人体の防御機構は,減量した規定食で改善できるようだ。
アメリカ,ロサンゼルスのカリフォルニア大学医学部のロイ・L・ウォルフォード博士が第1回国際免疫学会議で報告したところによれば,栄養価の高いエサを通常の3分の1に減らして与えられたネズミは寿命がかなり延びただけでなく,発ガン傾向も非常に低くなった。
ネズミの発育速度は比較的ゆるかやではあったが,健康を害することなく最終的には普通の大きさのネズミに成長した。
これは人間にとって小食が賢明であることを示すものかとの質問に,ウォルフォード博士は,「そういうことになる。
が,それにはごく幼い時から小食を実行する必要がある」と答え,また,そうした規定食は栄養に富み,平衡の取れたものでなければならないと語った。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。