肥満は身体に危険

度を越したダイエットは、有害な影響を及ぼすことがあり,拒食症など,命にかかわる摂食障害のきっかけになることがあるかもしれません。
例えば,肥満は大食の証拠となる場合もありますが,常にそうであるとは限りません。
病気のために体重過多になっている人もいます。
遺伝的な要素が原因で肥満になる場合もあります。
また,留意すべき点として,肥満は身体的状態ですが,大食は精神態度です。
肥満は「体脂肪の過剰を特徴とする状態」と定義されますが,大食は「貪欲な,もしくは過剰な耽溺」です。
ですから,大食かどうかは体型ではなく,食物に対する態度によって決まります。
標準的な体型の人,あるいはやせている人でも,大食家になり得ます。
さらに,理想的な体重や体型というものは,土地によってかなり異なるでしょう。
節度を欠いた食べ過ぎは健康を損ねることもあります。
医学・保健図解百科は,太り過ぎつまり肥満についてこう書いています。
「[肥満は]さまざまな病気を引き起こす要素として以前から認められていた。
このことは特に老人および老化過程にある人について言える。
肥満した人は概して心臓障害やある種のガン,またすい臓・胆のう・腎臓などの病気にかかりやすい。
肝臓や心臓など内臓器官の周囲に脂肪がたまると,そうした器官の本来の機能が直接阻害される危険がある。
手術のさいの死亡率は高く,一般に寿命は短い,肥満した人は糖尿病にもかかりやすい」。
しかし,太っている人はみな大食家である,と結論すべきではありません。
食事のさいに正しく自制を働かせていても,どこかの腺の機能不全や遺伝子の影響などで太ってしまう人もいます。
また食べ物によっても違いが生じます。
「食べ過ぎながら栄養不良」という本の次の説明に注意してください。
「体重に注意しなければならない人にいちばんよい食べ物が最も高価な食べ物である一方,廉価な食べ物が普通はカロリー価が高く,蛋白質・ビタミン・無機質に乏しいというのは不幸な事実である。
正常な体重と健康を維持するのに必要な肉・野菜・果物などを買う余裕のない人は……非常に多い。
そのため,こうした人は必要なカロリー源の大半を安価で澱粉質の多い食べ物に頼り,やがて体が太ってくるだけでなく,最後には栄養不足の状態が生じる」。
ある種の習慣は,体内に十分の食物を取り入れたかどうかを判断するしくみを狂わせます。
喫煙の習慣をやめた人は,しばしば自分が太りはじめていることに気づきます。
その点を説明してロジャー・J・ウィリアムズ博士は,自著「病気予防の食べ物」の中でこう語っています。
「永年にわたる喫煙が平衡機構全体をある程度損うことは考えられる。
ゴールドチオグルコーゼを動物に投与すると,制動機構が選択的に損われる。
投与を中止すると制動機構は機能を回復する」。


posted by Yy at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は、水でやせます、しかし心不全や肝機能が低下している場合危険

水 「命を支える貴重な液体―水」,健康な人なら一日に,8オンス(240cc)のコップに8杯から10杯の水を飲むことを勧める肥満症専門医の言葉が引用されています。
しかしながら,心不全や腎機能の低下している人の場合,医師は水分を取りすぎないよう勧めます。



妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。
妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

一方、水を飲むと、満腹感を味わうことができるため、減量効果が得られます。

減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。
この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でも減量に役立てましょう。
ダイエットは、サイエンスです。
posted by Yy at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

ジャンクフードにより肥満が増大

子どもにジャンクフードを売り込む東京で発行されているヘラルド朝日紙(英語,2003年8月5日付)によれば,「子どもの食習慣をだめにして肥満にならせる宣伝攻勢」をかけているとして,ファーストフード会社を非難する栄養学者が増えている。
同紙によると,「テレビは,子どもに製品を売り込むメディアの中でも相変わらず最も強力である」が,それに加えて,食品会社は「社名が子どもの目に入るようにするため,考えうるあらゆる方法を編み出している」。
映画,ゲーム,インターネット・サイト,算数の本,様々な人形やおもちゃなどに食品会社の宣伝が入っている。
子どもを対象に宣伝するのはなぜだろうか。
「子どもたちは最大のマーケットだ」と述べるのは,テキサスA&M大学のマーケティングの教授ジェームズ・マクニール。
しかし,ハーバード大学公衆衛生学部のウォルター・ウィレット教授はこう述べている。
「メーカーが販売する大半の商品は,ジャンクフードである。
我々は果物や野菜の宣伝をどれほど目にするだろうか」。


posted by Yy at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

命を支える貴重な液体―水、肥満に効きます

水 私は,栄養と肥満治療に関係した仕事をしている者で,「命を支える貴重な液体―水」という記事は,ちょうど必要としていたものでした。
栄養に関する30時間にわたる講義で学んだ事柄が,たった一つの記事にうまくまとめられています。
相談に来る人のためにこの情報を活用させていただくつもりです。



減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。
この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でも減量に役立てましょう。
ダイエットは、サイエンスです。

妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。
妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

posted by Yy at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は米国で約5人に1人です

肥満と関連のある問題米国で肥満が増大している。
米国疾病対策予防センターの概算によると,米国における肥満した成人の数は,1991年には人口の12.5%だったのが,2003年には20%に増えた。
この増加は,一部のビジネスに影響を与えている。
「航空業界は[2003年]5月に,乗客が以前より重くなっているという通告を受け,重量見積もりをしかるべく調整するように求められた。
同じように葬儀業界も,ますます大きくなるアメリカ人に合わせて設備を一新している」と,ニューヨーク・タイムズ紙は述べている。
標準の棺は幅24インチ(約61a)だが,今では最大で幅49インチ(約124a)の頑丈に補強された棺も用意されている。
「埋葬室,墓,霊柩車のみならず,墓地で墓を掘るのに使うショベルローダーの規格化されたショベルでさえ」サイズを増す必要があった。
「人々は生きている間に大きくなり,死んでも大きいので,諸業界はその状況に適応する必要がある」と,肥満者の権利擁護団体の理事アレン・ステッドハムは言う。


posted by Yy at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満はインドで大問題

肥満は小さな問題か「若者の肥満はまるで流行病のようだ」。
―S・K・ワングヌー。
インドのデリー,インドラプラスタ・アポロ病院の内分泌科医長。
上の言葉が示すように,インドの多くの中産階級の家庭で生活様式が変わり,十代の若者にも肥満が生じる結果になっています。
この現象は世界規模の流行で,多くの国々に広がっています。
体をあまり動かさない人やジャンクフードばかり食べている人が増えているためです。
青年期医学の専門家は,「[英国の]次の世代は……史上最も肥満であろう」と述べました。
ガーディアン・ウィークリー紙(英語)は次のように伝えています。
肥満はかつておもに大人の問題だった。
しかし英国の若年層は今,食習慣や座っていることの多い生活様式により,当初は米国で見られた様々な問題を抱えるようになっている。
長期にわたる肥満は,糖尿病,心臓疾患,がんなどの病気にかかりやすくする」。
「フード・ファイト」(英語)という本の著者は,「栄養不良ではなく過剰な摂取が,世界の主要な食糧問題になっている」と言います。
ドン・ペックはアトランティック・マンスリー誌(英語)に,「現在,約900万人のアメリカ人は『肥満症』で,だいたい50`以上太りすぎている」と書いています。
米国では,太りすぎの関係した病気で年におよそ30万人が早死にしています。
これは「喫煙に次いで多い」数です。
肥満はやがて飢餓や感染症を抜いて,世界の保健衛生の最重要課題になるかもしれない」とペックは見ています。
ですから,肥満の脅威を無視してよい人がいるでしょうか。
ウォルター・C・ウィレット博士は,「食べて飲んで健康でいよう」(英語)という本にこう書いています。
「喫煙するかどうかを別にすれば,将来の健康の最も重要な指標は,体重計に表示される数字である」。


posted by Yy at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の定義

肥満をどう定義するかどのような場合に,単なる太りぎみではなく肥満とみなされるのでしょうか。
米国ミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニックによると,「簡単に言えば,肥満とは体脂肪が多すぎて極端に太っていること」です。
しかし,人が太りすぎかどうか,どうしたら分かるでしょうか。
身長体重表は,単に太りすぎつまり過体重か,肥満の段階に進んでいるかに関して,およその基準を示しています。
メイヨー・クリニックは,「健康の目安となるのは,体重ではなく体脂肪量である」と述べています。
例えば,スポーツ選手は筋肉質で骨太なので体重があるでしょう。


posted by Yy at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の原因は?

肥満―原因は何か「子どもたちの健康に深刻な影響を及ぼす流行病が猛威を振るっている。
社会がいま予防策を講じないなら,肥満の拡大は止まらないだろう」。
―ウィリアム・J・クリッシュ,小児科教授。
体重の問題のない人たちは,太りすぎや肥満の人に対して批判的な見方をし,意志が弱くて行動意欲に欠けている,とみなしがちです。
しかし,問題はそれほど簡単でしょうか。
肥満の人は決まって運動嫌いの怠惰な人でしょうか。
それとも,制御の難しい,もっと深い原因が関係している場合も多いのでしょうか。


posted by Yy at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は糖尿病の原因、視力低下や手足を失う場合があります

危険肥満は,健康上の深刻な問題となりがちです。
南カリフォルニア大学医療センターの神経科医スコット・ローレン‐セルコは,肥満であると,若くてもII型糖尿病になる危険がある,と警告しています。
「最近はそういう患者さんが絶えません。
本当に怖いことです。
[肥満の患者さんには,] 糖尿病患者の病棟にお連れしましょうか,将来のご自分の姿をご覧になるかもしれません,と言います。
そこには,II型[糖尿病]で視力を,また手足を失った人,衰弱しきった数え切れないほど多くの人がいます。
みんな肥満の人たちです」。
どんなことに原因があるでしょうか。
「その人たちは,ジャンボサイズのハンバーガーやフライド・ポテトを買う余裕があり,現に買ってもいます」とローレン‐セルコは言います。
「それは良くない,と言ってあげる人はいません。
ファーストフード会社が言わないのはもちろんですが,率直に言えば,栄養学の専門教育を受けていないほとんどの医師も言わないのです」。
栄養学の著作で知られるエドワード・トーブ博士はこう述べています。
「太りすぎは自然で受け入れられる現代生活の一面という考えが最近はやっており,感情に配慮した見方ともなっている。
これは,人々を太らせて繁盛する商業界の巧みな宣伝の効果だ」。
専門家によると,腰周りに脂肪が付いた「洋なし型肥満」の人は,腹部の内臓に脂肪が付いた「りんご型肥満」の人(特にウエストが90aから100aを超える場合)に比べると健康上の問題は少ないようです。
なぜでしょうか。
「腹部に脂肪が付いている場合,高血圧,冠状動脈疾患,糖尿病,脳卒中,ある種のがんなどになる危険が高い」から,と「メイヨー・クリニック 健康体重」(英語)という本は述べています。
「洋なし型―腰周りやももが太い―の人の場合,健康上の危険はそれほど大きくない」ようです。
とはいえ世界中には,深刻な健康上の問題が懸念される太りすぎの大人や子どもが非常に多くいます。


posted by Yy at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

標準体重(BMI)

標準体重(BMI) 体重(Kg)/身長(m)/身長(m) 標準は22.日本肥満学会によると、BMI=22が標準体重であり、BMI=25以上を肥満、BMI=18以下を「やせ」と、しています。
BMIの計算式は世界共通です。
しかし、肥満の判定基準については国により相違し、アメリカでは25以上を「標準以上(overweight)」、30以上を「肥満(obese)」としています。
多様な肥満の病態を、身長と体重のみで算出するこの指数には自ずから限界がありますが、計算式が簡便なため、成人の肥満の指標として多用されています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満手術は危険が迫っている場合のみ

手術は最善の解決策か重症肥満患者の中には,体重を減らしてまた太らないようにするために肥満症専門医のアドバイスに従ってさまざまな外科手術を受けた人もいます。
どのような患者に対してそうした手術が行なわれるのでしょうか。
「メイヨー・クリニック 健康体重」という本の著者は,「BMIが40を超える重症肥満の場合,医師は手術を考えるかもしれない」と述べています。
「メイヨー・クリニック健康通信」(英語)にはこうあります。
肥満治療の手術が勧められるのは一般に,BMIの値が40を超える,18歳から65歳までの人で,肥満のために深刻な健康上の危険が生じている場合だけである」マイク: 「外見について傷つくような思いやりのないことを言われるのはうれしいことではありません。
みんなは,太っている人をただ怠け者と思いがちです。
肥満にいろいろな原因があることを知らないのです。
わたしの場合,遺伝的要素もいくらか関係していると思います。
家族がほとんどみな体重の問題を抱えているからです。
「いずれにしても,減量するにはいつも活動的になり,しっかり食餌制限をしなければならないと思います」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は最貧国でも重大な問題になっています

肥満―深刻化する世界的問題大人と子どもの肥満は「世界中で憂慮すべきレベルに達しようとして」おり,最貧国とされる一部の国々も今や例外ではないと,ランセット誌は伝える。
ノース・カロライナ大学の経済学者で,栄養疫学者でもあるバリー・ポプキンによれば,その原因の一つは,工業技術の進歩に伴い,トウモロコシや大豆,綿などの種子から食用油を抽出できるようになったことにある。
「アジアやアフリカの国々の場合,毎日の食事に加わる余分のカロリーは,おもにこうした油からくる」と,ランセット誌は言う。
また,農業および貿易に関する政策によって砂糖が低価格で輸出されるようになり,食品製造業者は食品をおいしくするための製品を安く手に入れることができるようになった。
さまざまな分野の科学技術も,人の活動やエネルギー消費を減らし,人々の体重を徐々に増やす原因となってきた。
食品および保健の専門家たちは,肥満が糖尿病や高血圧,心疾患などの慢性病につながる可能性があることを憂慮している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満症が世界的流行病

肥満症が世界的流行病?「肥満症は,裕福な先進国における現代生活の副産物と考えられてきたが,今や発展途上国にも広まっている」と,英国の医学誌「ランセット」(英語)は述べています。
同誌によれば,栄養専門家たちは現在,糖尿病,高血圧,がん,心臓血管疾患など肥満関連の病気が「世界的流行病」の様相を呈している,と警告しています。
中国では過去8年間に,太りすぎの人の数が男性は3倍,女性は2倍になり,高血圧症になる人の割合は今や米国とほぼ同じになっています。
新たに糖尿病と診断される事例の半数以上は,インドと中国で生じています。
エジプトは,糖尿病になる人の割合が米国と同じであり,今では女性の半数が太りすぎです。
メキシコでは,社会階層や地域を問わず肥満が急増しており,結果として糖尿病も増加しています。
サハラ以南の非常に貧しいアフリカ諸国においてさえ,肥満と糖尿病が増えています。
脂肪分の多いファーストフードが肥満の原因であるような国もありますが,主な原因は,いま多くの製造業者が食品の「味を良くするために」加える砂糖を増やしていることです。
さらに,アジアやアフリカの食生活における食用油の量が増え,カロリーを余分に取る結果になっています。
工業や農業における科学技術が進歩し,商品生産に要する肉体労働が減っています。
人々は,仕事を減らして余暇を増やしたがります。
コンピューターやテレビがかなり普及した現在では,従業員が体を動かすことは少なくなり,「電子メールが一般化するに及んで,伝言を届けたり同僚のところに話をしに行ったりすることがなくなってきた」のです。
肥満は学校に通う子どもたちの間でも急増しており,レクリエーションや体を使う活動が削減された地域ではそれが顕著なため,教師が栄養摂取と成績の関係を意識することが急務となっています。
カリフォルニア大学公衆衛生学部のゲイル・ハリソンは,肥満とそれが関係する病気の蔓延に対処するには,地域ごとの予防策のほかに,「政策と専門知識と社会基盤の相互的な発展を伴う,地球規模の共同予防計画が不可欠である」と警告しています

posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

清涼飲料水には、長期的に肥満のもとになる炭水化物を多量に含むので危険です

清涼飲料とメキシコの食生活メキシコで消費されるボトル入り清涼飲料の量は,アメリカに次いで世界第2位である。
清涼飲料はメキシコの食生活で最も一般的な10の食品の一つであり,6割の家庭で飲まれている,とレフォルマ紙は伝えている。
同紙によれば,保健の専門家はそのことを心配している。
牛乳,果物,野菜など,子どもの成長と発育に不可欠な食品のためにお金を使うことが期待されているが,実際には,「身体に良い栄養を全く含まず,長期的には肥満のもとになる炭水化物を多量に含む」食品に生活費が回されすぎている。
清涼飲料,特にコーラを大量に飲むことの害としては,虫歯や骨粗鬆症も挙げられる,と同紙は述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

ブドウ糖の役割及び遺伝と肥満

ブドウ糖の役割 ブドウ糖は,人体の何十兆もの細胞のエネルギー源となります。
しかし,細胞の中に入るには“かぎ”が必要です。
そのかぎとは,膵臓が分泌するインシュリンという化学物質です。
I型糖尿病の場合,利用できるインシュリンが体にありません。
II型の場合,体はインシュリンを作りますが,たいてい量が不十分です。
その上,細胞がインシュリンを受け入れにくい,インシュリン抵抗と呼ばれる状態になります。
どちらの型の糖尿病でも,結果は同じです。
細胞は栄養をもらえず,糖の血中濃度が危険な値になります。
I型糖尿病では,人体の免疫機構が,膵臓内でインシュリンを生成するβ細胞を攻撃します。
したがってI型糖尿病は自己免疫疾患であり,免疫介在性糖尿病と呼ばれることもあります。
免疫反応を引き起こす要因には,ウイルス,有毒化学物質,ある種の薬剤などがあります。
遺伝的体質も関係しているかもしれません。
I型糖尿病はしばしば同じ家系に現われ,白人に最も多く見られるからです。
II型糖尿病の場合は遺伝的要素がさらに強いですが,白人以外に多く見られます。
とりわけオーストラリアのアボリジニーやアメリカ先住民にこれを患っている人が多く,アメリカ先住民はII型糖尿病患者の比率が世界最高です。
研究者たちは,遺伝と肥満の関係について,また遺伝的に糖尿病になりやすい人の体内で脂肪が増えすぎるとどのようにインシュリン抵抗性が促進されるかについて調べています。
I型と違い,II型糖尿病は主に40歳以上の人がなります。
[脚注]糖尿病のおよそ90%はII型です。
これは以前,「インシュリン非依存性」,あるいは「成人発症型」の糖尿病と呼ばれていました。
しかし,そうした用語は適切ではありません。
II型糖尿病を抱える人の40%ほどはインシュリンを必要とするからです。
さらに,驚くほど多くの若い人たちがII型糖尿病と診断されています。
13歳未満の子どもさえいます。
一般的に肥満とは,標準体重を20%以上超えている状態を言います。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

砂糖は栄養に乏しく肥満の原因になります

糖の役割 砂糖をたくさん食べると糖尿病になるというのは,よくある誤解です。
医学的な証拠によると,遺伝的に糖尿病になりやすい人が太ると危険が増すのであり,砂糖の摂取量とは関係ありません。
しかし,砂糖の食べ過ぎは健康によくありません。
砂糖は栄養素に乏しく,肥満の一因となるからです。
糖尿病の人は異常に砂糖を欲しがるというのも誤解です。
実際のところ,甘いものを食べたくなる程度は大半の人と変わりません。
糖尿病は制御されていないと空腹感につながることがありますが,必ずしも糖分が欲しくなるわけではありません。
糖尿病の人も甘いものを食べることができますが,全体的な食事計画の中で砂糖の摂取量を考慮しなければなりません。
最近の研究によれば,動物が果糖―果物や野菜に含まれる糖―の多い物を食べると,体重に関係なくインシュリン抵抗性や糖尿病を引き起こす可能性もあるようです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

10歳児の25%以上が太り過ぎか肥満である、その原因はジャンクフード

子どもの肥満―世界的な流行「子どもの肥満が世界的な流行病になりつつある。
この問題を解決するには,ジャンクフードという根本原因に取り組まなければならない」とニューヨーク・タイムズ紙は述べている。
「国際肥満対策委員会によると,世界の多くの国々では,10歳児の25%以上が太り過ぎか肥満である」。
その比率が高いのは,マルタ(33%),イタリア(29%),米国(27%)で,チリ,メキシコ,ペルーでは,4歳から10歳の子どもの4分の1が太り過ぎもしくは肥満である。
アフリカの一部の地域でも,やせ過ぎよりも太り過ぎの子どものほうが多い。
肥満児がこれほど多いのはなぜだろうか。
ワシントン・ポスト紙はこう答えている。
「[米国の]標準的な子どもは食べ物に関する宣伝を年間1万回も目にする。
その95%は,ファーストフード,ソフトドリンク,キャンディー,加糖シリアルなどの宣伝で,収益は多いが栄養価は低い製品ばかりである。
ファーストフードやソフトドリンクは,おもちゃ,ゲーム,コレクションアイテム,映画,有名人などと結びつけて売り込まれる。
……今の子どもが,摂取カロリー全体の約15%をファーストフードから,10%を糖分の多いソフトドリンクから取り,果物や野菜については,勧められている量の半分しか消費していないのも不思議ではない」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

寝不足は、ブドウ糖不足となり、肥満の原因になる

寝不足の有害な影響「ポーランド人の9%は一晩の睡眠が5時間に満たない」と,ワルシャワの週刊誌「フプロスト」は伝えている。
「英米人の場合,3人に1人は一晩の睡眠がわずか6時間半だ」。
ポーランドの睡眠障害専門クリニックのミハウ・スカルスキーによれば,「睡眠をあまり取らない人は長く持続するストレスを抱えていることになる」。
日本の調査によると,「1日の睡眠が5時間以下の人は8時間の人に比べて,心臓発作の危険が50%も高い」と,フプロスト誌は伝えている。
またアメリカの幾つかの研究結果も,睡眠不足が糖尿病などの健康上の問題に関連しているらしいことを示している。
寝不足は「ブドウ糖の代謝の変化につながる」だけでなく,「肥満の危険性の増大」とも関係がある,と同誌は言う。
「疲れると,体はエネルギーの不足を埋め合わせようとする」と,アメリカン・フィットネス誌は説明している。
「睡眠不足の人は眠気を払おうとして飲食の量が多くなりやすい。
だから,減った体重を維持したいと思う人は,もう少し睡眠を取るとよい」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満気味の幼児の数が過去10年で2倍近くになった、原因は脂肪分の多い食事、テレビを見ながら食べる、運動しないであった

肥満児の増加ロンドンのタイムズ紙は,ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル誌に載った最近の調査を取り上げて,「肥満気味の幼児の数が過去10年で2倍近くになった」と述べている。
「4歳未満の子どもの少なくとも5人に1人が太っており,ほぼ10人に1人は肥満の部類に入る」。
リバプール大学のピーター・バンドレッド博士によれば,母親の多くが幼児に「脂肪分の多い既製食品」を与え,テレビに子守をさせている。
学齢期になると,それらの子どもの多くは徒歩で通学するのではなく,車で送り迎えしてもらい,放課後は戸外で遊ばずにテレビを見る。
「幼児期および児童期の各年齢層で体重の急激な増加が見られるのは初めてのことである」と,バンドレッドは語った。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

8億もの人が食べ過ぎのために死の危険にさらされている

栄養失調―どれほど広がっているか全世界で約8億人が栄養不良のために死の危険にさらされています。
世界保健機関(WHO)の「ワールド・ヘルス・リポート 1998」(英語)によると,5歳未満の子どもの死亡例の約50%は栄養不良と関係があります。
何とか生き延びている人たちでも,健康を害している場合が少なくありません。
それとは正反対に,8億もの人が食べ過ぎのために死の危険にさらされていると言われています。
偏った食生活は,肥満,アテローム性動脈硬化症,高血圧,糖尿病,肝硬変,各種のがんなどの慢性疾患につながりかねません。
この問題を要約して,WHOはこう述べています。
「このように,栄養失調は,栄養不足,特定の栄養素の欠乏,栄養過多などをはじめ,種々の不健康な状態に関係している。
そして,世界中で実に大規模に,人命を奪い,障害を負わせ,知的発育を遅らせ,手足を不自由にし,目を見えなくし,人の成長を阻害している」。
同じ国の中で,栄養不足と肥満の両方が見られたり,同じ家の中で,幼児は栄養不良になり,大人は肥満に伴う慢性的問題を抱えたりすることもあります。
子ども時代に栄養不足だった人が,大人になって肥満になったというケースもあります。
このことは,田舎から都市へ引っ越した人に生じるかもしれません。
健康状態と食習慣の関係を理解していない人は少なくありません。
恐らく,食生活が好ましくなくてもすぐに健康面の影響が出ないからでしょう。
しかし,健康的な食生活をするなら多くの病気を予防できます。
実際,WHOは,食習慣の改善と運動によって,がんになる人を40%も減らせると見ています。
では,どうすれば食生活を改善できるでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は犬猫の抱える最大の健康問題です、原因は不健康な食生活と運動不足

丸々と太ったペット「肥満は犬猫の抱える最大の健康問題だ。
……原因は人間も動物も似ている。
不健康な食習慣と運動不足である」と,カナダのグローブ・アンド・メール紙は伝えている。
カナダ獣医師会の諮問委員バーニー・プーケイは,飼い主のライフスタイルに問題があるとして,こう述べている。
「飼い主は自分が忙しいために運動不足になるが,犬は飼い主が忙しいために運動不足になる。
飼い主は自分の好きな物を食べるので,ペットにもそれを与えてしまう」。
グローブ・アンド・メール紙は,「太り過ぎのペットは糖尿病,心臓病,高血圧,関節炎になる危険性が高い。
……健康な動物よりも早死にする」と警告している。
肥満体のペットに施す治療にはふつう,食餌制限をしたり,犬であればもっと運動させたりすることが含まれる。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満男性と体重不足の女性が……増えつつある

ヨーロッパの保健医療に対する懸念ヨーロッパの幾つかの国では,公共医療サービスに対する不満が高まっている。
欧州委員会が算定した数字には,ポルトガル,ギリシャ,イタリアで多くの人が,自国の保健医療の不備を感じ取っていることが示されている。
確かに,ヨーロッパの公共医療サービスには大きな負担がかかっている。
高齢人口が増すにつれ,アルツハイマーのような病気にかかる人の数がどんどん増えている。
一方,保健関係当局は,ヨーロッパ人がもっと自分の健康に気を配るほうがよいと感じている。
「EUR-OP ニュース」という会報によると,「ダイエット,座ることの多いライフスタイル,脂肪分の取り過ぎなどが,危険な傾向として強調されてきた」。
また,「肥満男性と体重不足の女性が……増えつつある」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

悪い姿勢,肥満,運動不足によって,背骨は徐々に損なわれる

腰を大切に!「悪い姿勢,肥満,運動不足によって,背骨は徐々に損なわれる」と,スペインの新聞「エル・パイス・セマナール」は述べている。
先進国の人々の約80%は,生涯のある時点で腰に問題を抱える。
背骨の問題を専門に扱うスペインのコーバックス・クリニックは,腰痛の予防や軽減のために,姿勢の矯正法を学ぶように勧めている。
勧められている簡単な方法には次のものがある。
背骨をまっすぐ伸ばし,横向きになって寝る。
座る時には,いすの背もたれで背中を支える。
コンピューターに向かう時には,両肩を自然な位置に保つ。
かがむ必要のある時には,腰ではなく,膝を曲げる。
長時間立っている必要がある時には,片方の足を踏み台か段に載せて休ませ,他方の足に体重をかける。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

米国の5歳から8歳までの子どもの約4割は臨床学的に肥満である,と言われています。

健康への影響米国での統計によると,平均的な小学6年生はテレビを1日に4時間見ます。
これには,コンピューターやテレビの画面を見つめてゲームをする時間は含まれていません。
1995年の調査では,6割以上の子どもが,決めていた時間より長くゲームをすることがよくあると答えています。
ついつい学業がおろそかになってしまいます。
日本での研究は,コンピューターゲームが子どもの脳のごく一部にしか刺激を与えないことを明らかにしています。
その研究によれば,子どもは読み書きと算数をもっとする必要があります。
さらに,脳がよく発達するように,戸外でほかの子と遊んだり人々と付き合ったりして,刺激を受ける必要もあります。
米国の5歳から8歳までの子どもの約4割は臨床学的に肥満である,と言われています。
この問題の原因として考えられるのは,テレビやコンピューターの前で過ごす時間が長すぎることによる運動不足です。
コンピューターゲームをしながら使える運動器具を開発した企業まであります。
しかし,言うまでもなく,そのようなゲームをする時間を制限し,子どもが釣り合いの取れた人格をはぐくむのに役立つ他の活動に十分な時間を充てられるようにするほうがずっとよいでしょう。
健康上の問題がもう一つあります。
画面を長時間見つめていると,目に障害が生じるかもしれません。
調査によれば,コンピューターを使用する人の少なくとも4人に1人は目の問題を経験しています。
その理由の一つと思われるのは,まばたきの回数が少なくなることで,そのために目が乾燥したりむずむずしたりします。
まばたきすると,涙の分泌量が増え,汚れが洗い流されて目がきれいになります。
子どもは,自己管理がうまくできないので,ほとんど休まずに何時間も続けてコンピューターゲームをすることがあります。
そのために,眼精疲労が生じたり,目の焦点が合わせにくくなったりするかもしれません。
専門家は,コンピューターを1時間使用するごとに数分間の休憩を取るよう提案しています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

ヨーロッパで疫病のように広がっている肥満

肥満の危険「ヨーロッパで疫病のように広がっている肥満」のために,糖尿病,心臓病,その他の病気が劇的に増加するかもしれない,とロンドンのインディペンデント紙は伝えている。
イタリアのミラノで開かれた,26か国の医療専門家が集う会議の席で,国際肥満対策委員会の議長は次のように述べた。
「これは全世界的な危機であり,静かに進行してゆく疫病のようなこの重い病状と保健費用の急上昇を防ぐため,いま緊急に行動しなければならない。
行動しなければ,保健上の災難に遭うことになる」。
ヨーロッパのすべての国がこれに関係しており,一部の地域では,人口の40%から50%が太り過ぎである。
英国では,1980年以降,肥満者の割合が女性は8%から20%に,男性は6%から17%に上昇した。
原因として,座りがちな生活様式と,こってりした食事が挙げられるが,そのどちらも伸びゆく繁栄によるものだ。
最も憂慮すべきなのは,子どもの肥満である。
ヨーロッパ肥満研究協会の会長ヤップ・ザイデル教授によれば,「次の世代は,比較的若い年齢で肥満になる人の割合が増える兆しを見せている」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

清涼飲料のこうした多量の摂取は,メキシコにおける栄養不良や肥満のおもな原因の一つ

コーラに病みつき?メキシコ人は一人当たり年平均160gものコーラ飲料を飲むと,「メキシコ消費者防衛研究協会」は伝えている。
毎年コーラ飲料に費やされるお金は,基礎食品10品目に費やされる額の合計を上回る。
清涼飲料のこうした多量の摂取は,メキシコにおける栄養不良のおもな原因の一つとも言われている。
コーラ飲料の成分には,カルシウムや鉄分の吸収を妨げ得るものが含まれる。
コーラを飲むことと関係があるとされている問題としては,腎臓結石,虫歯,肥満,高血圧,不眠症,胃潰瘍,不安などを引き起こしやすいという点もある。
『我々は“トウモロコシ人”であったが,今や,“コーラ人”と言ってもよい』と,「消費者ガイド・マガジン」は述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

母乳は肥満を防ぎます。

母乳は肥満を防ぐ?研究者たちは,母乳で育てる利点がもう一つ見つかったと言っている。
それは赤ちゃんの後の肥満防止に役立つかもしれないということだ。
ドイツのニュース雑誌「フォーカス」によれば,ミュンヘン大学の研究チームは5歳から6歳の子ども9,357人の体重を測り,乳児の時に何を与えられていたかを調査した。
その結果,3か月から5か月間母乳を飲んだ子どもたちは,まったく母乳を飲まなかった子どもたちに比べて,入学した時に肥満になる可能性は35%低かった。
実際に,母乳の期間が長ければ長いほど,肥満になる可能性も低くなる。
一人の研究者は,母乳に新陳代謝を助ける効力を持つ成分が含まれているのではないかと考えている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満性は遺伝

将来への懸念 :例えば,「バイオテクノロジーの世紀」(The Biotech Century)という本はこう述べています。
「もし,人の遺伝子構成を変えることによって,糖尿病,鎌状赤血球貧血,がんなどを防ぐのであれば,もっと軽度の『障害』,例えば近視,色盲,失読症,肥満症,また左利きなどに進んでもおかしくないのではないか。
実際のところ,ある社会が特定の肌の色を障害と決めつけることをどのように食い止められるだろうか」。
保険会社は,遺伝情報を熱心に集めるでしょう。
出生前検査によって問題になりそうな点が見つかったら,どうなるでしょうか。
保険会社は母親に中絶するよう圧力をかけ,それを拒めば,保険の適用を拒否することがあるでしょうか。
化学,製薬,バイオテクノロジー関連の企業では,遺伝子と臓器に関係した特許,またそれを操作する技術特許の面でしのぎを削っています。
もちろんその推進力となっているのは金銭面のことで,未来の科学技術によって利潤を上げようとするのです。
多くの生命倫理学者は,これが“消費者遺伝学”につながって,「遺伝学的に認められる」子どもを選ぶようにという,親への圧迫になりはしないかと懸念しています。
そのような風潮を作る点で,広告がどのように大きな役割を果たすかは,想像に難くありません。
もちろん,世界の貧しい地域で,こうした新しい科学技術はすぐ利用できるものとはならないでしょう。
今日,地球上の多くの場所では,ごく基本的な医療でさえ不足しています。
高度に発達した国々においても,遺伝子治療は,富裕な人々にだけ開かれた選択肢であるかもしれません。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

ある少女の肥満体験、ほんとは肥満でなかった

食物があなたの敵となるとき十代のころを振り返って,彼女がまざまざと思い出すのは,自分がいじめとあざけりの的になったことです。
なぜそうなったのでしょうか。
彼女がクラスで一番背が高く,一番大柄な少女だったからです。
しかし,それだけではありません。
「体が大きいだけならまだしも,わたしは内気で人目を気にするたちでした」と,言います。
「孤独を感じることが多く,どこかに溶け込みたいと思いつつも,ほとんどいつものけ者のように感じていました」。
彼女は,何もかも自分の体つきのせいだ,ほっそりと引き締まった体型になればすべてはうまくゆく,と信じ込みました。
彼女は肥満体だったわけではありません。
むしろその逆で,身長は183a,体重は66`でしたから,太り過ぎとは言えませんでした。
それなのに,彼女は自分が太っていると思い,23歳の時に減量を決意しました。
『やせれば,みんなはわたしを仲間に入れてくれるだろう。
そうすれば,わたしはみんなに受け入れられ,愛されていると感じるようになるだろう』と考えたのです。
「そうしたばかげた考え方をしたために,12年にわたって拒食症,過食症という名のわなに捕らえられることになりました」と,説明します。
「やせることはやせました。
やせ過ぎて,もう少しで死ぬところでした。
幸せな生活を築くどころか,健康を損ない,10年余りもうつ状態と苦悩を経験したのです」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

拒食症,過食症,強迫性過食は肥満の原因になります

健康上の危険この3種類の摂食障害はどれも健康に深刻な害を与えます。
拒食症になると甚だしい栄養失調になり,命にかかわる場合も少なくありません。
15%以上がそうなると推定する人もいます。
あとで吐いても吐かなくても,むちゃ食いは健康に有害です。
いずれは肥満になり,命にかかわる心臓血管系の疾患や糖尿病,また,ある種のがんになることもあります。
わざわざ吐けば食道を傷つけますし,下剤と利尿剤の多用により,極端な場合は心不全を起こすこともあります。
しかし摂食障害には,考えるべき他の面もあります。
拒食症,過食症,強迫性過食などに陥っている人は,概して幸福ではありません。
自尊心を持ちにくく,心配になったり憂うつになったりしがちです。
明らかに助けが必要です。
摂食障害の人は,体重についての強迫観念から解放されるためにどのような助けを得られるでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

糖尿病は、肥満にとって悪化する

II型糖尿病 I型糖尿病との違いをはっきりさせておくとすれば,この型の糖尿病は,分泌されるインシュリンの量が十分でなかったり,インシュリンが効率的に使われなかったりする病気です。
II型糖尿病は40歳以上の成人に多く見られ,病気は徐々に進行します。
この病気には遺伝的要素があり,間違った食習慣や肥満によって悪化することが少なくありません。
多くの場合,少なくとも初期には,錠剤を服用してすい臓のインシュリン分泌を促すことができます。
この錠剤はインシュリンではありません。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の比率が最も高いのはメラネシアとミクロネシアとポリネシアで,地域によっては70%にも達する

肥満という流行病」「アメリカ医師会ジャーナル」誌は,世界保健機関の警告に基づいて,「肥満という流行病の蔓延が,世界中の極めて大勢の人の健康を脅かしている」と報じた。
「25か国の栄養学および健康保健の専門家たちは,西ヨーロッパや米国には,肥満の大人の比率が25%にまで達している国があると述べた。
東ヨーロッパや地中海沿岸の国々,それに米国の黒人女性の間では,この比率は40%にも上る。
肥満の比率が最も高いのはメラネシアとミクロネシアとポリネシアで,地域によっては70%にも達する」。
食事を低脂肪のものへ,また生活をより活動的なものへ変えてゆく傾向が見られないならば,多くの国は冠状動脈性心疾患,呼吸器系の問題,脳卒中,胆嚢の疾患,ガン,糖尿病,筋骨格の病気などを患う膨大な数の病人を抱えることになると,専門家たちは警告している。
肥満は,『今の時代に最もないがしろにされている公衆衛生上の問題と考えるべきで,健康に及ぼす影響は喫煙のそれに匹敵すると言えるかもしれない』と,専門家たちは述べている」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満はさまざまな病気、高血圧,糖尿病,高脂血症などの原因

肥満と心臓病「成人のCAD[冠状動脈疾患]の予防に最も効果的な対策は,子供のころに肥満を予防することかもしれない」と,アメリカ医師会ジャーナル誌(英語)は報告している。
保健当局はかなり前から,幼い時に肥満になっていると,高血圧,糖尿病,高脂血症(血液中の脂肪が過剰になる状態),冠状動脈性心疾患などの慢性病にかかる危険が高くなることを知っていた。
しかし,脂肪の摂取を制限し,定期的な運動を行なうよう医師たちが勧めているにもかかわらず,北米に住む人全体の3分の1は太り過ぎ,または肥満体だと言われている。
「どれほど多くのデータがあれば,社会は肥満予防対策を講じ,子供たちに食生活の改善と運動の習慣を教えるようになるのだろうか」と,シカゴのノースウエスタン大学医学部のリンダ・バン・ホーンは問いかけている。
「そうすることから計り知れない益が得られる可能性は高い。
もし手を打たなければ,心臓血管に及ぶ結果は目に見えている。
それは人の健康を損ない,治療費も高くつく」。
しかし,ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載された,さらに新しい研究の結果によると,肥満が人の健康におよぼす脅威はそれほど大きなものではないということである。
肥満になると,「早死にする可能性は高くなるが,多くの医療専門家が思っているほどのものではない」ことが明らかになったと,ニューヨーク・タイムズ紙は述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は実際には深刻な病気なのである

大きいことが良いことでない場合「服はどれも皆入らなくなりました。
今では86`もあります。
こんなに太るなんて思ってもみませんでした」と,35歳になる彼女は嘆きます。
体重の増加で悩んでいるのは一人だけではありません。
彼女が暮らしている米国では,国民の3分の1近くが肥満です。
英国では,肥満している成人の比率が10年間で2倍になりました。
太り過ぎた人などめったにいなかった日本でも,肥満は普通になりつつあります。
理想体重を上回る子供たちが増えています。
米国の6歳から17歳までの若者の約470万人はかなり太り過ぎていますし,カナダの子供たちの約20%は肥満です。
シンガポールでは最近,子供の肥満が3倍に増加しました。
一部の国では,太って大きくなった体は繁栄と健康のしるしで,貧困と栄養不良よりもはるかに望ましいこととみなされます。
しかし,西洋の国々では多くの場合,食べる物が簡単に手に入るので,体重の増加は望ましいこととみなされないのが普通です。
それどころか,一般に深刻な悩みの種となっています。
なぜでしょうか。
「ほとんどの人は肥満を容姿の問題と考えているが,肥満は実際には深刻な病気なのである」と,米国公衆衛生局の元長官C・エベレット・クープ博士は言います。
ニューヨークの内分泌学者F・ザビエル・ピサニャールはこう説明しています。
「[アメリカの肥満化によって]ますます多くの人が糖尿病や高血圧,脳卒中,心臓病にかかる危険にさらされており,ある種のガンになる危険さえある」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

男性の高血圧症の78%と女性の高血圧症の65%の直接原因は肥満かもしれない

体重が増えれば,危険も増える米国の11万5,000人の看護婦たちを16年間にわたって調査した,ある研究のことを考えてみましょう。
この研究は,成人が5`ないし8`太るだけで,心臓病にかかる率が高くなることを明らかにしました。
ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌,1995年9月14日号に載せられたこの研究は,ガンによる死亡の3分の1と心臓血管系の病気による死亡の半数が太り過ぎによるものであったことを示しています。
「アメリカ医師会ジャーナル(JAMA)」誌,1996年5月22/29日号(英文)のある報告は,「男性の高血圧症の78%と女性の高血圧症の65%の直接原因は肥満かもしれない」としています。
アメリカ・ガン協会は,「著しく太り過ぎている」(理想体重を40%以上超過している)人は「ガンにかかる率が高くなる」と述べています。
しかし,危険なのは体重の増え過ぎだけではありません。
体脂肪の分散も病気にかかる率に影響を及ぼします。
実際,腹部に脂肪が付き過ぎている人は,臀部と大腿部の太っている人よりも危険な状態にあります。
腹部の脂肪は,糖尿病や心臓病,乳ガン,子宮ガンにかかる率の増加と関係があります。
同様に,太り過ぎている若者も高血圧,コレステロール値の上昇,前糖尿病の状態などを示します。
また,大人になっても肥満である場合が少なくありません。
ニューヨーク・タイムズ紙は英国の医学誌「ランセット」に掲載されたデータを使い,こう伝えています。
「子供のころに太っていた人は一般の人々と比べて早死にするし,ずっと若い年齢でずっと多くの病気にかかる」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は、致死的な病気を誘発しやすい危険要因です。

健康的な生活様式を勧める世界保健機関(WHO)発行の「ワールド・ヘルス・リポート 1997」の中で同機関は,人類が増し加わる「苦しみの危機」に直面していると警告している。
毎年,ガンや心臓病,また慢性的な健康問題が原因で2,400万人余りが死んでおり,他の何億人もの人に一層大きな負担がかかろうとしている。
今後25年間に,ガンの患者数はほとんどの国で2倍になると見られている。
裕福な国々で強力な殺し屋となっている心臓病や脳卒中が,貧しい国々でも普通に見られるようになる。
これらの可能性を踏まえてWHOは,健康的な生活様式を促進し,致死的な病気を誘発しやすい危険要因―健康によくない食事,喫煙,肥満,運動不足―を減らすため,世界規模のキャンペーンを「強化し,持続する」よう呼びかけている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満を避けること,あるいは治療することは,糖尿病予防の基本です

高血圧,太り過ぎ,糖尿病高血圧は動脈壁を傷つけるので,LDLコレステロールが動脈壁内に入ることを可能にし,プラークの蓄積を助長します。
プラークが溜まってくると,血流に対する抵抗が大きくなり,血圧は上がります。
血圧は定期的に検査しなければなりません。
問題となる兆候が何も現われていない場合でもそうすべきです。
拡張期の血圧(最低血圧)の数値が一つ下がるごとに,心臓発作の危険は2ないし3%減少するかもしれないからです。
血圧を下げる薬は効果的かもしれません。
ダイエット,また場合によっては塩分の摂取を制限することは,減量のための定期的な運動と共に,高血圧をコントロールするのに役立ちます。
太り過ぎは高血圧や脂質異常を助長します。
肥満を避けること,あるいは治療することは,糖尿病予防の基本です。
糖尿病はCADを加速させ,心臓発作の危険を高めます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

太り過ぎの子供の割合は今後10年でさらに倍になるかもしれない、原因は食事の摂りすぎ

太り過ぎの子供たちウィークエンド・オーストラリアン紙によると,公衆衛生栄養学者のフィリップ・ハービー博士は最近,「オーストラリアの子供たちは太ってきており,しかも急速に太っている」と発表した。
同博士の懸念は,オーストラリアにおける太り過ぎの子供たちの割合が過去10年で倍になったことを示す最近の研究に基づいている。
9歳から15歳の子供の約10%は,体重の問題のために治療を必要としている。
太り過ぎの子供の割合は今後10年でさらに倍になるかもしれないと,ハービー博士は考えている。
子供たちの間で肥満が増えているおもな原因は,大人の場合と同じく運動不足であると同紙は指摘しており,さらに高脂肪の食事も一因となっている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

英国の成人の約半数が「慢性的な肥満

英国の食べ物と健康「英国人はヨーロッパ人の中で最も不健康な部類に入る」と,英国のエコノミスト誌は言う。
最近の研究が明らかにしたところによると,英国の成人の約半数が「慢性的な肥満であり,英国人がチェコ人に次いで,他の国の人々よりも心臓病になりやすいのはそれが原因と言えるかもしれない」と,エコノミスト誌は述べている。
英国政府の食糧政策医学関連委員会は,事態改善のための提案を数多く行なってきた。
その中には,「魚,パン,野菜,じゃがいも」をもっと多く摂取し,塩分や糖分や脂肪分を控えるという提案もあった。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

どんな年齢であっても,太りすぎず,やせすぎないこと,これが大切である

年齢と食生活ロンドンのタイムズ紙によると,現在,研究者の中には,50歳を超えた人は中年太りを心配する必要はないかもしれないと言う人たちがいる。
例えば,消費者協会の雑誌の編集者デービッド・ディキンソンは,「身長に比較して体重の重い人はみな太りすぎだからやせるべきだ,という忠告は誤りである。
やせることは,身長と体重の比率への影響とは全く無関係に,健康に害を及ぼすことがある。
50歳過ぎの人の大半はやせる必要はない」と述べている。
栄養学および応用栄養学の教授トム・サンダーズは,「健康に対する肥満の危険性はしばしば誇張されている。
糖尿病や関節炎の危険性が増すのは確かだが,小太りの危険は取るに足りないものである。
女性にとっては利点にさえなるかもしれない」と説明している。
また,保健省のマーティン・ワイズマン博士は,「どんな年齢であっても,太りすぎず,やせすぎないこと,これが大切である。
これを達成するには,良識ある食習慣を持ち,活動的であることが一番よいが,老年を迎えるようになったら,やせこけているよりは小太りのほうが良い」とアドバイスしている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

カナダの子供の少なくとも20%は,高脂肪食と運動不足とで肥満している

カナダの肥満児たちグローブ・アンド・メール紙によると,「栄養士,小児科医,研究者の多くが,疲れ切った親は子供たちにバランスの欠けた,過剰加工の食品や高脂肪食品を食べさせている」と言っている。
両親が共働きの時には生活がてんてこ舞いになりがちで,家族そろって栄養豊かな食事をとる時間は,あっても無きに等しい。
結果はどうだろうか。
専門家の推測によれば,「カナダの子供の少なくとも20%は,高脂肪食と運動不足とで肥満している」と,同紙は述べている。
モントリオールのマッギル大学の食事療法・栄養学部のスタン・クーボ准教授は,バランスが必要だと述べている。
同氏は,親が「[子供の]食事の中に,乳製品,たんぱく質,果物,野菜,繊維質などが含まれていることを確かめる」必要があると述べた。
このことを意識している一人の研究者は,「自分の健康に気を遣わないとしたら,何に気を遣うのか」と問いかけている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

心臓発作を起こすおそれの高い要因には,高血圧,肥満

アルゼンチンの女性の心臓病最近の統計によれば,アルゼンチンでは全年齢層の女性の間で心臓発作の発生件数が急速に増えている。
クラリン紙は,この件についてアルゼンチン心臓学協会の実施した調査結果を掲載した。
同協会は国内の82の集中治療病棟と,521人の心臓病患者を対象に調査を行なった。
報告によれば,心臓発作でアルゼンチンの病院に運び込まれた女性の数は,1年足らずで56%以上も増えた。
1991年には,女性は心臓発作の患者の25%を占めていたに過ぎないが,現在では40%近くを占めている。
心臓発作を起こすおそれの高い要因には,高血圧,肥満,血中の脂肪が多すぎること,アルコール依存,喫煙などが含まれる。
しかしこの調査では,年齢と心臓病患者の死亡率との直接の相関関係は認められなかった。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

理想体重を20%上回っている人を肥満とします、しかし、余分な体脂肪の量も考慮するほうがよい

いったいどこが太っているのありがたいことに,少なくとも医学的な見地からすれば,本当に太り過ぎているかどうかは水着を着た時のルックスだけで決まるのではありません。
医師は一般に,理想体重を20%上回っている人を肥満とします。
しかし,標準体重表は平均に基づいており,健康な人の体重の大体の目安となるにすぎません。
そのため,ある医師たちは,肥満かどうかを判断する際には,体重だけでなく,余分な体脂肪の量も考慮するほうがよいと言います。
「摂食障害と肥満についての親のためのガイド」によると,「脂肪は,女性の場合で体の組織の20%ないし27%,男性の場合で体の組織の15%ないし22%なければならない」ということです。
本当に太り過ぎの若者はかなり少ないと考える研究者もいます。
健康面からすれば,やせないといけない理由は何もないかもしれません。
冒頭の調査では,対象になった女の子たちの半数以上が自分は太り過ぎだと考えていました。
しかし,実際に太り過ぎだったのは15%にすぎませんでした。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は単にお粗末な食習慣と運動不足の結果です

食べ過ぎと運動不足多くの場合,肥満は単にお粗末な食習慣と運動不足の結果です。
ある人は以前のことを思い出して,こう語っています。
「母は僕たち兄弟を養うために働きに行かなければならなかったので,僕たちは……好き勝手に食べました。
山ほどのキャンディー・バーをペットボトル入りの[炭酸飲料]で流し込んだりしました」。
あなたにも聞き覚えがありませんか。
しかし,他の若者たちは,空腹だからというよりも,世話や慰めの必要を満たすために食べます。
そうした若者は,親の離婚や親しい人の死や何らかの精神的衝撃といったストレスを軽減しようとして,誤って食べ過ぎるかもしれません。
食べ過ぎの問題にしばしば拍車を掛けるのは,運動不足です。
「摂食障害と肥満についての親のためのガイド」には,こう述べられています。
「テレビを見ていると,体を動かさなくなるばかりか,番組の内容や広告からも,食べて食べてさらに食べるよう促される」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の原因は、食べ過ぎ,運動不足,遺伝などである

肥満の問題「アメリカは世界一太った国である」と,シカゴ大学の栄養減量クリニックの所長ロバート・クシュナー医師は述べている。
トロント・スター紙は,「18歳以上で肥満体のアメリカ人の数は,1985年には人口の24%だったのが,1990年には28%に跳ね上がった」と伝えている。
何が原因なのだろうか。
最新の調査によれば,食べ過ぎ,運動不足,遺伝などが主な理由である。
米国立保健統計センターのシャーロット・ションボーンは,「人々の体重はますます増えている。
これは,考慮すべき重要事である」と語る。
肥満は,高血圧や糖尿病をはじめ,深刻な健康上の問題を引き起こすことがある。
解決策を見いだすのは容易ではない。
医師たちは生活様式を変えることを勧めている。
「食事の量を減らし,もっと運動するように。
体重が落ちたなら,それを維持する真の助けは,ただ一つ,体を動かすことである」とトロント・スター紙は付け加えている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

テレビを見ることは運動不足と新陳代謝の低下につながり、肥満になります。

就学前の幼児が1日にテレビを見て過ごす時間の量は,後の学童期における体の脂肪の増加と直接関係がある,とボストン大学医学部の医学博士マンロー・プロクターは言っております。
同博士は,当初3歳ないし5歳だった97人の就学前の幼児を対象に4年越しの研究を行なった。
親は子供が毎日何時間テレビを見るかを記録した。
一方で毎年,子供の体の至る所にできる皮膚のたるみの幅が測定された。
カナダのメディカル・ポスト紙の伝えるところによれば,「どの子供も1日平均2時間,テレビの前に座っていた。
テレビを見る時間が1日1時間増すごとに上腕三頭筋の皮膚のたるみが0.8_増え,からだ全体では合計4.1_増えた」。
プロクター博士の結論によれば,テレビを見ることは運動不足と新陳代謝の低下につながり,じっとしていながら食べる高カロリー食品のコマーシャルに子供をさらすことになる。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

無呼吸という問題を持つ人の過半数は肥満型です。

いびきをかきますかあなたはひどいいびきをかきますか。
中には,自分がひどいいびきをかくことを知らない人もいます。
ですから,目覚めた時に脱力感や疲労感がある理由に気づきません。
この種の不調は,睡眠時無呼吸として知られています。
この問題を持つ人が眠りに就くと,空気の通路を開いた状態にしておく,のどの筋肉が緩んで気道をふさいでしまうのです。
息苦しくなって一時的に目を覚ますまでの間が1分もあることさえあります。
この無呼吸という問題を持つ人たちのほとんどは,睡眠を中断されたことに気づきません。
いびきで度々起こされる同室の人の様子でどうやら分かる程度でしょう。
専門家は,無呼吸は自動車事故や職場での事故を引き起こすもととなり,もしかしたら,卒中や心臓発作の要因かもしれないと考えています。
治す方法はあるのでしょうか。
「家庭医療案内全書」(コロンビア大学内科・外科学部)はこう勧めています。
「男性がこの異常を経験する頻度は女性の20倍である。
この問題を持つ人の過半数は肥満型であり,そのことがさらに正常な空気の出入りを難しくする。
したがって,治療の肝要な部分は減量である」。
同書は,重症の場合,気道の閉そくを減らすための手術を受けるのがよいかもしれないと述べています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は、運動不足と偏食のせいであると言われています。

肥満児の増加の理由「今の子供たちは以前に比べると太っており,座ってばかりいる」と,トロント・スター紙は伝えた。
さらに,カナダはハミルトンのシェドーク‐マクマスター病院の児童栄養部門の責任者オーデド・バロル医師は,「過去20年の間に子供の肥満傾向が著しく進んだ」と言っている。
幾つかの調査は,運動不足と偏食のせいであることを示唆している。
この傾向が続けば,子供の健康水準が急激に低下するのではないかと医師たちは憂慮している。
同紙によれば,医師たちはすでに「運動不足を……冠状動脈系の心臓病,高血圧,糖尿病などを引き起こす危険度の高い要素とみなしている」ということだ。
バロル医師は結論として,「あまり活動的でない子供は肥満体の大人になる率が高い」と述べ,活動的な生活様式を勧めている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

アルコールには,体が脂肪を燃焼させる速度をさらに落とす作用がある、したがって肥満になります。

アルコールと脂肪?アルコール飲料を飲み過ぎる人たちが太りやすいというのは周知の事実である。
しかしなぜアルコールを飲むと太るのだろうか。
スイスのチューリッヒ大学で少し前に行なわれた研究により,興味深い可能性が浮かび上がった。
アルコールによる肥満には,アルコールに含まれるカロリーだけでなく,脂肪を燃焼させる体の能力へのアルコールの作用の仕方が関係しているようだ。
体が脂肪を燃焼させるペースの遅いことは栄養学者たちには以前から知られていた。
体は脂肪を蓄積しようとするが,糖分や炭水化物ならすぐに燃焼させる。
しかし,アルコールには,体が脂肪を燃焼させる速度をさらに落とす作用がある。
ある実験で,被験者の男性たちが,毎日純アルコール90cc相当を含む食事を取った。
これはビール約6杯に相当する。
この食事を続けた男性たちの体が燃焼させた脂肪分は,通常より3分の1少なかった。
食事に含まれる脂肪分が多ければ,この影響がさらにはっきり表われるのは言うまでもない。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

かなりの肥満でも,喫煙よりはましであることが分かりました。

肥満より悪いたばこをやめると体重が増える場合のあることや,肥満が健康の敵であるということは常識である。
しかし,この二つの事実は,たばこをやめて体重が増えるよりも,たばこを吸い続けてすっきりとした体形でいたほうが健康的だという一部の喫煙者の論理を裏づけているわけではない。
英国のエコノミスト誌によると,統計学者と疫学者が7,000人余りの英国人男性を対象にした大がかりな調査結果を分析した。
そして,肥満は非常に危険ではあるが,1日に20本のたばこを吸うほうがもっと危険だと結論した。
「かなりの肥満でも,喫煙よりはましであることが分かった(かなりの肥満が結局それほど悪くないということではなく,喫煙が本当に恐ろしいということだ)」と同誌は述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満女性の心臓病の70%および女性全体の心臓病の40%は太り過ぎに原因があります

太り過ぎることの危険 中年か中年に近い女性の場合,程度のいかんを問わず,太り過ぎると心臓病にかかる危険性が高くなります。
これは,30歳から55歳までの看護婦11万6,000人を対象にした8年間の調査から引き出された結論です。
肥満女性の心臓病の70%および女性全体の心臓病の40%は太り過ぎに原因があります。
ニューヨーク・タイムズ紙上でこの問題を扱ったニュース記事は,さらにこう伝えています。
「男性を対象としたこれまでの調査の結果は,少し太るだけでも心臓病にかかる危険性が高まることを示唆している。
しかし,ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の疫学者で,この研究の第一人者でもあるチャールズ・H・ヘネケンズ博士によれば,少し太るだけでも危険性が高まることを示す,中年女性に関する証拠が提出されたのは,今回が初めてのことである。
様々な調査結果が示すとおり,『米国では,喫煙および大酒と並んで肥満が,人の罹患率や死亡率を普通以上に高める主要な原因となっている』と同博士は言う」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

脂肪分の多すぎる食事をとると,糖尿病,冠状動脈疾患,高血圧,脳卒中,肥満などの問題を抱え込む危険が高くなります。

油っこい簡易食品簡易食品が生活の中に定着した幾つかの工業国では,チキンサンドやフィッシュサンド,それにチキン“ナゲット”の人気が高まっている。
これらを,従来のハンバーガーに代わる低脂肪食品とみなす人が少なくないからだ。
しかしこれらも,飽和脂肪酸を多く含んだ油で調理される場合がある。
それに,簡易食品のチキンサンドには鳥の皮がたくさん入っている場合が多いため,これには「1.5パイント(約700_g)のアイスクリームと同じだけの脂肪が含まれているかもしれず,チキン“ナゲット”を6個食べれば,ハンバーガーを1個食べるよりも多くの脂肪をとることになる」。
これは,マサチューセッツ医学協会が行なった最近の調査結果をインタナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が伝えたものである。
脂肪分の多すぎる食事をとると,糖尿病,冠状動脈疾患,高血圧,脳卒中,肥満などの問題を抱え込む危険が高くなると言われている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

拒食症、多食症、過食症と肥満とには深い関係があります。

様々な障害拒食症というのは,感情的な葛藤のために,どうしても長期間食べられない,あるいは食べようとしないのが特徴です。
原因は身体の病気ではありません。
こういう状態ですから体重は相当減少します。
普通は若い女性が肥満体になることを極度に恐れます。
そして,やせ衰えているにもかかわらず太りすぎていると考えます。
生理はなくなります。
そして自分の年齢や身長に合った最低限度の体重しか維持しようとしません。
多食症の特徴は,大食を繰り返す,つまり自制できずに短時間のうちに多量の食物を食べることです。
食べたあとは,自分で誘発するおう吐,下剤や利尿剤の使用,過激な運動などによってカロリーを減らそうとします。
多食症患者が絶えず気にしているのは体型と体重のことです。
心因性過食症には,食欲を抑えきれなくて過食したあと,その行為や,結果として体重が増えたことなどに対し,罪悪感や恥ずかしさを感じるという特徴があります。
過食症の人は,いらいらする時や興奮した時に食べすぎてしまうようです。
心因性過食症患者は一般に食べた物を体外に出すことはしないので,肥満体になりがちです。
しかし,体重が増えたとか減ったとか,あるいは太りすぎているとかやせているとかいったことだけでは,摂食障害を抱えている証拠にはなりません。
もしかしたら遺伝学的あるいは生理学的な原因があるかもしれません。
食物や体重についての考え方がゆがんでしまったときにも摂食障害は生じます。
そのような場合は,深刻な情緒の乱れが原因で過食する―あるいは拒食する―のです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

人が大食する理由として挙げる最も一般的な理由は,厳格な食餌制限をしていたということです

食餌制限の役割調査によれば,人が大食する理由として挙げる最も一般的な理由は,厳格な食餌制限をしていたということです。
1989年に行なわれた肥満の原因に関する調査では,「体重を気にして食餌制限を行なうことがかえって太り過ぎという事態を招いているらしい」ということが明らかにされました。
しかし,なぜそうなのでしょうか。
徹底的な食餌制限を行なおうとする人は,普通,甘い物や味のよい食物を差し控えます。
それら“禁じられた”食物は絶えざる誘惑になります。
しかし,怒りや心配や寂しさを感じると,その人は惨めな気持ちになります。
そして気分を変えるために,自ら断っていたその食物をたらふく食べます。
そのあとは前よりもさらに厳しい食餌制限をしますが,そのあとまた大食するという同じ結果になります。
こうした悪循環が体重の増加と摂食障害につながります。
ある人は,食餌制限をしたために拒食症に陥る環境ができてしまったことをこう説明しています。
「私はあらゆる食餌制限を試みていました。
体重は減ったかと思うと,また元に戻りました。
それで今度こそは減量したままの状態を保ちたいと思いました」。
摂食障害の原因を知っていれば問題を必ず克服できるというわけではありませんが,そのような知識は,窮地から抜け出すための助けになる場合がありますし,問題に陥らないための助けにもなります。
しかし,自分自身や身内の者や友人に,摂食障害に陥りやすい人の人格特性が見られることに気づいた場合,どうしたらよいでしょうか。
そのような特性は,どうすれば克服できるのでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の原因は、油っこい簡易食品を食べることと運動不足、テレビを見ながら食べること。

「一種の児童虐待」W・ギフォード‐ジョーンズ博士は,カナダ,トロントのグローブ・アンド・メール紙上で,北アメリカの子供たちの多くが肥満の問題を抱えていると述べ,そのことに対する懸念を表明した。
なぜだろうか。
同医師は,油っこい簡易食品を食べることと運動不足がその原因であるとして,「テレビを見ながら,ポテトチップスをほおばっている時には,子供たちはカロリーを消費しない」と述べた。
同医師によれば,子供たちは肥満の高価な代償として,重大な障害に至りかねない健康上の様々な問題を抱えることになるかもしれない。
その上,就学前に肥満していた子供の4分の1は大人になっても肥満しており,十代になるまで肥満の状態が続いている子供の4分の3は一生のあいだ肥満の問題を抱える。
同医師は,「太った子供は病気の子供だ」と断言し,「子供のこの病気に関して全く無とん着で,進行するがままにしておくのは,一種の児童虐待である」と結論している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

アルコールを毎日摂取すると,脂肪を処理する肝臓の機能を弱め,肥満することになる。

飲むべきか飲まざるべきかアルコールを毎日“普通に”摂取することで,本当に健康が損なわれるのだろうか。
損なわれる,と主張しているのは,ドイツ連邦共和国のウルム大学神経学病院に勤めるH・H・コルンフーバーである。
アルコールを毎日摂取すると,脂肪を処理する肝臓の機能を弱め,肥満することになる。
他の副作用としては,脈拍数の増加,血圧やコレステロール値の上昇がある。
ドイツの新聞「フランクフルター・アルゲマイネ」は,調査によって,「健康が損なわれ始める境界線は,アルコールを少ししか摂取しない人と多く摂取する人の間にあるのではなく,ほどほどにアルコールを摂取する人と全く摂取しない人の間にあることがはっきり」示された,と述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

食物脂肪の過剰摂取と肥満や他の病気の慢性病にかかる危険とに関係である。

食事と健康 「たばこを吸わず,過度の飲酒もしない……人なら,食物の選択が,他のどんな行為よりも当人の長期的な健康状態を大きく左右するものとなり得る」―元米国公衆衛生局長官,C・エベレット・クープ博士。
近年,健康問題の専門家たちは,先進国における食習慣の特定の面が人々の健康に及ぼす有害な影響について様々な意見を述べてきました。
たばこ,アルコール,塩,砂糖などに注意が向けられたのに加えて,多くの人が食べている食物は脂肪分やコレステロールが多すぎ,繊維質が少なすぎるという事実が特に強調されてきました。
クープ博士は続けて,「最も懸念されるのは,食物脂肪の過剰摂取と,冠状動脈疾患やある種のガン,糖尿病,高血圧,脳卒中,肥満などの慢性病にかかる危険との関係である」と述べています。
同様に英国の外科医,デニス・バーキット博士をはじめとする人々も,食物繊維の摂取不足と,冠状動脈疾患,大腸ガン,胃腸障害,糖尿病,その他の病気との関連に注意を引いています。
食習慣がどのように健康に影響するかについて詳細な事柄がすべて理解されているわけではなく,健康問題の専門家たちの間で完全に意見が一致しているわけでもありません。
しかし,考慮に値する医学的な事実が幾つかあります。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

リポサクションを受ける人たちは,体液の著しい喪失,凝血,大量感染,体内組織の損傷,さらには死の危険を冒している。

虚栄心の代償「リポサクションが,米国で行なわれる最も一般的な美容整形手術となった」と,ニューヨーク・タイムズ・マガジン誌は伝えている。
リポサクションとは何だろうか。
それは,顔,おしり,太もも,ひざ,お腹などの体の各部から脂肪を吸い取ることを目的とした手術法である。
患者はおもに,医学的には肥満ではないが,今よりもやせたいと思っている20歳から40歳までの人たちである。
1986年には,リポサクションが10万件近く行なわれた。
一部の専門家からは「安全で効果的」と言われているが,リポサクションを受ける人たちは,体液の著しい喪失,凝血,大量感染,体内組織の損傷,さらには死の危険を冒している。
報告によれば,6年前にフランスから米国に導入されて以来,この処置によって11人が死亡したとされている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

親から食物を与えられすぎる赤ちゃんは大人になっても必ず太る

太り過ぎの赤ちゃん―太り過ぎの大人?親から食物を与えられすぎる赤ちゃんは大人になっても必ず太る,と米国テキサス州のサンアントニオにある生物医学研究南西財団の科学者ダグラス・S・ルイスは断言している。
ただし,アメリカ心臓協会に提出した報告書の中でダグラスは,その種の肥満はすぐには現われないと述べている。
この意見の土台となっているのは,生後4か月間―人間の1年に相当する―に過度のえさを与えられたヒヒを使った5年間にわたる実験だった。
普通の量のえさを与えられたヒヒ,および少量のえさを与えられたヒヒに比べて,過度にえさを与えられたヒヒは三,四年してから体重が増え始め,思春期の終わり,つまり5歳になるころには,39%も余分の体重がついていた。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

太っているほうが楽、と言う人もいる。

「深刻な太り過ぎの問題を抱える人のほとんどではないにしても,その多くの人たちの豊満な体型を責めることはできない」と結論する肥満の専門家が増えている,とニューヨーク・タイムズ紙は伝えている。
その記事によると,ハーバード大学医学部の肥満の専門家ジョージ・ブラックバーン博士は,「身長・体重表に載せられている“理想”体重まで減量しようとして食事を制限している肥満体の人―体重が“理想”体重を30%以上超過している人―の少なくとも半数はそのために医学的・身体的・心理的苦痛を味わうので,太っているほうが楽である」と語った。
それでもなお,ニューヨーク市の聖ルカ‐ルーズベルト病院センターのセオドア・B・バン・イタリー博士は,「肥満は環境条件に左右される。
座ることが多く,食物の豊かな社会の一員として,体重の制御を望む太りぎみの人は,高いレベルの運動量を維持する方法や,身を守る食事の仕方を学ばなければならない」と述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

寿命の短い男性は、肥満や運動不足になって命を危険にさらしている

女性のほうが長生きイングランドとウェールズでは寿命が延びている,とロンドン・タイムズ紙は報じている。
100歳になるまで生きる人が,30年前に比べると9倍に増えている,と英国王立医科大学調査班の指導者シリル・クラーク卿は述べている。
しかし,これらの長寿者のうち男性は15%にすぎない。
クラーク卿の説明によれば,男性は余り健康的な生活をしていないことが多く,そのため肥満や運動不足になって命を危険にさらしているということらしい。
他方,女性は一般に家事をするために動き回っているので男性よりも長生きできるようである。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満は、母親が子供に食物を与えすぎる幼年期に始まる場合がある。

重苦しい問題の肥満は,「甲状腺ではなく大食」の結果である,とメキシコ市ラ・ラサ医療センターの内分泌学者ギリェアモウ・ルイース博士は主張している。
同博士によると,様々な研究の結果,肥満が肥厚(脂肪組織の過多)あるいは春機発動前(思春期前)の状態ということもあり得るが,肥満の原因は甲状腺の異常ではなく,「少な目に食べようという意志の欠如」であり,「母親が子供に食物を与えすぎる幼年期に始まる場合のある」ことが明らかになった。
肥満は心臓病を引き起こす種々の障害と関連があるため,ルイース博士は適切な食事制限と運動を解決策として示している。
同時に,ゴルディトス(丸々と太った人たち)にやせ薬を乱用して害を受けないよう警告している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

先進工業国で、健康の問題の2番目は肥満,すなわち太り過ぎです。

先進工業国での栄養に関係した大きな健康問題というと,何が挙げられますか。
栄養が関係する問題で最も一般的なのは,あらゆる年齢層に見られる歯,つまり虫歯でしょう。
肥満,すなわち太り過ぎがそれに続きます。
次いで,女性や青年や幼児に今でも広く見られる鉄欠乏性貧血があります。
しかし,大きな心配の種になっているのは高血圧,動脈硬化,胃腸障害など,幾つかの慢性的な病気もしくは状態です。
これらは,繊維質の摂取不足および高カロリー食品,脂肪,塩分などの摂り過ぎと直接関係があります。
こうした状態はすべて,わたしたちの生活様式,食事および調理の様式のさまざまな変化と関係があります。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

食べ過ぎの幼児は容易に肥満児になる可能性があります。

食物の摂り過ぎの問題のことを言われましたが,それは本当に憂慮すべきことになっているのですか。
多くの先進工業国ではあらゆる年齢層で肥満が公衆衛生上の大きな問題になっています。
生活様式の変化および食物がより多く入手できるようになったことがこの問題を大きくしています。
学齢期の子供の場合,特に1年生から3年生にこの問題が多く,運動をする機会の限られがちな都市部にこの傾向が著しく見られます。
標準的な体重を20%以上上回る人は肥満とされています。
食べ過ぎの幼児は容易に肥満児になる可能性があり,食習慣を改める手段が講じられないなら,その肥満児は肥満の大人になり,高血圧,糖尿病,心臓発作や脳卒中の危険にさらされます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

脂肪の過剰摂取は肥満や,人によっては動脈硬化となって現われることが珍しくありません。

大人には何か特別な栄養の問題がありますか。
幾つかの研究によれば,あらゆる所得者層の成人に脂肪とナトリウム(食塩)の摂り過ぎと繊維質の不足の見られることが明らかになっています。
脂肪の過剰摂取は肥満や,人によっては動脈硬化となって現われることが珍しくありません。
やはり脂肪を多く含んでいる肉を好んで多量に食べ,カロリーが高くて栄養の少ない食品ばかり軽食に食べていると,適度の運動が不足する場合と同様,肥満や動脈硬化になりやすくなります。
食塩の摂取量が高くなっているのは,加工食品に対する依存が大きくなっているためです。
今の生活様式には非常に便利だということで人々は加工食品を利用しています。
一方,豆類(インゲンマメの類,エンドウマメ,レンズマメ),果物,野菜,全粒粉で作ったパンおよび穀類を含め,繊維質の多い食品を人々があまり食べなくなっているので,繊維質の摂取は低下しています。
アメリカ人は特に,肉を実際に必要とする量より多く食べています。
体が一日に必要とする量のたんぱく質を摂るには,約57cから85cの肉で十分です。
ところが,夕食だけで肉を170cから230cも食べる人をよく見かけます。
朝食のハム,ベーコンあるいはソーセージ,それに昼食のホットドッグやハンバーグなどに含まれるたんぱく質,およびそのほかに食べると思われる食品すべてに含まれるたんぱく質に加えて,それだけの量を摂るのです。
例えば,食卓について鶏を半羽分食べると,その日の必要量の4倍のたんぱく質と,必要とされるよりずっと多くのカロリーを摂っていることになります。
動物性たんぱく質の摂取が多くなると,脂肪の摂取も増えます。
なぜなら動物性食品はほとんど例外なく,脂肪とコレステロールを多量に含んでいるからです。
動物性食品の摂取が多くなればなるほど,カロリーと脂肪の摂取も増えます。
肉はパスタや米よりずっとカロリーが高いことに気づかず,減量したさに,ほかの食物を食べずに肉ばかり食べる人が時々います。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

よくテレビを見る6歳から11歳の年齢層の子供たちを調査し,テレビの見過ぎは肥満児になる一つの原因であると報告した。

テレビと肥満ハーバード大学の一研究チームは,よくテレビを見る6歳から11歳の年齢層の子供たちを調査し,テレビの見過ぎは肥満児になる一つの原因であると報告した。
それらの子供が肥満児になる率―普通は15%―は,1日にテレビの前に座る時間が1時間多くなるごとに2%増加する。
なぜだろうか。
子供たちはテレビにくぎづけされて物を食べることがそれだけ多くなり,運動することが少なくなるからである。
研究者の一人であるウィリアム・H・ディーツ2世博士は,「子供たちは1週間に約25時間テレビを見ている。
そしてその25時間というのは,他のもっと活動的な事柄を行なえるのにそれをしていない時間である」と述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満と高血圧が密接な関係にあるという事実に対する認識も高まっている

高血圧の薬の使用● 高血圧に悩まされているアメリカ人は6,000万人と推定されているが,その一部に対して米国政府は薬を使わない療法を勧めている。
最も軽度の患者に対しては,規定食,運動,行動様式の変化などを療法として勧めている。
「また,肥満と高血圧が密接な関係にあるという事実に対する認識も高まっている」と,アラバマ大学の心臓血管研究訓練センターの所長,ハリエット・P・ダンスタン博士は述べている。
「軽い高血圧症なら,体重を減らすだけでコントロールできるかもしれない」。
高血圧は,心臓病,脳卒中,腎臓病などの危険を増す。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

死の五大要因の5番目の卒中は,肥満,つまり太り過ぎと関係があります。

「我々は自分で自分の命を絶とうとしている」しかしすべての事柄をよく考えてみるなら,人類が経験する苦悩のほとんどは人類が自ら招いたものです。
心臓と運動の専門家であるケンネス・クーパー博士は,「我々は自分で自分の命を絶とうとしている。
しかしそんなに急いで死ぬ必要はない。
死の五大要因は皆ある程度予防することができる」と述べました。
心臓や肺を強くするためのエアロビック運動を考案したクーパー博士は,「体重,食事,運動を適切なものにし,そしてたばこを避けるなら」殺し屋の筆頭である心臓病は「避けられる」と述べています。
2番目は肺ガンで,この原因による死の88%は喫煙歴と関連があります。
3番目の殺し屋である自動車事故によるけがは,―全国安全協会によると―もしすべての人がシートベルトを着用すれば大幅に減らすことができます。
4番目の肝硬変症は肝臓病で,多くの場合アルコールが原因です。
そして5番目の卒中は,肥満,つまり太り過ぎと関係があります。
「5,000万人のアメリカ人は合計10億ポンド(約4億5,300`)太り過ぎである。
肥満は高血圧と関連があり,高血圧は卒中の原因になる」とクーパー博士は言います。
胃病や腸の出血,肝硬変などで入院する患者100人のうち少なくとも25人が抱えている問題の一部はアルコールの乱用です。
米国では毎年5万人が自動車事故で死亡しますが,その半数以上が飲酒運転です。
ヘロインの犠牲者も何十万にも上ります。
ヘロインはニューヨーク市では若者の死の大きな原因となっています。
大抵はバルビタール系薬剤ですが,睡眠剤の中毒にかかっているアメリカ人は100万を超えます。
そして毎年約80億個の覚醒剤(アンフェタミン)が服用されます。
5,000万人のアメリカ人が1年にたばこに費やす額は80億j(約1兆9,200億円)です。
そのために多くの人が心臓病や肺ガンで死にます。
殺し屋の筆頭は不摂生です。
したがって,たとえ医療費の問題がなくても,医師が近くにいてだれもがすぐに診てもらうことができても,病気の外的原因になる人口過剰や環境汚染その他すべてのものが取り除かれたとしても,ある医師が言ったように,「我々が自分を病気にするために……それどころか殺すために執ように追求する無数の方法」は依然として残るでしょう。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥り過ぎの人の中に低カロリー食を摂っていながら減量できずに悩んでいる人が少なくない理由を突き止めた

肥満に新たな解明の光が投げ掛けられる◆ 米国ボストンにあるベト・イスラエル病院の研究者たちは,肥り過ぎの人の中に低カロリー食を摂っていながら減量できずに悩んでいる人が少なくない理由を突き止めたようである。
これらの人には,体内でエネルギーの使用量を制御し,ひいては細胞に蓄積される脂肪の量を左右すると思われる酵素の量の少ないことが判明した。
いつの日かこの酵素をコントロールできるようになれば,肥満の治療に役立つであろう。
ニューイングランド医学ジャーナル誌に載った研究結果の中で,ジェフリー・S・フライアー博士はこう述べている。
「初めてのこととして,肥満体の人に見られる生化学的な相違と思われるものが判明した。
これは一部の人が太りやすく,なかなか減量できないでいる理由を解明する手掛かりとなる」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

心臓病は、年齢や喫煙の習慣,肥満などと関連して増えます。

心臓発作を減らす◆ 西欧諸国では,心臓の発作で死ぬ人が様々なガンで死ぬ人の総数を上回っている。
英国の出版物,ザ・ランセットは,激しい運動をする人は心臓病を相当程度防止できると伝えている。
8年にわたって観察したところ,運動をしている人で心臓の発作に見舞われた人は運動をしていない人の半分以下であった。
また,心臓病が年齢や喫煙の習慣,肥満などと関連して増えてゆくことを示す他の研究の結果も確認されている。
運動は一体どうして心臓発作の防止に役立つのだろうか。
ニュー・サイエンティスト誌は次のように説明している。
「これまでのところ,予防の仕組みに関する直接的な手がかりはほとんど得られていない。
激しい運動は,大切な冠状血管に閉塞物がたまるのを防ぎ,体によい高濃度のリポプロテインを血液中に多く分泌するのに役立つものと現時点では考えられている」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

子供たちは,コレステロール値の増加,高血圧,肥満などに、原因は運動不足など。

心臓病にかかる要素を持つ子供たち: 米国ミシガン大学体育学部のトマス・B・ギリアム教授は数年にわたり子供たちの体力について研究してきた。
同教授はミシガン州の学童400人を調べたが,そのうちのほぼ半数に心臓病にかかる危険な要素が一つ以上認められることを知った。
これは運動不足や座ることの多い生活様式が原因となっているものと思われる。
ギリアム教授は次のような説明を行なった。
「学童は,学校や課外授業,時にはスポーツ活動の行き帰りにさえ乗り物を利用している。
テレビの前に長時間座り,カロリーが高いだけで,栄養のない食べ物を盛んに食べている。
その結果,子供たちは,コレステロール値の増加,高血圧,肥満など,大人の場合に心臓病と関連があると考えられている種々の兆候を示しつつある」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満とその問題は今やガンよりも差し迫ったものになっている、

太った人々は,古くから,思いやりのない数々の冗談の的になってきました。
しかし,太りすぎは決して笑い事ではありません。
自分と同じ身長や体格の人の平均体重を7`上回るだけでも,多ければ4年も寿命が短くなることがあるのです。
肥満とその問題は今やガンよりも差し迫ったものになっている」と,スコットランドの家庭内科医イアン・リチャードソンは最近語りました。
別の権威筋によれば,わずか4`太りすぎているだけでも,「一日に紙巻きたばこを25本吸うよりも大きな健康上の危険を身に負う」ことになります。
高血圧・心臓病・糖尿病・背痛・静脈瘤・関節炎・胆石および他の種々の有害な病気は,体に脂肪の付きすぎている問題と直接関係していることがあります。
もちろん,体重の多すぎることが必ずしもそうした身体上の機能不全の直接の原因であるわけではありません。
しかし,そうした病気と太りすぎとの間にははっきりした相関関係がみられます。
ですから,理由はともかく,余分の脂肪が身に付いているなら,問題,それもゆゆしい問題があるのです。
しかし,かくも多くの人々が太りすぎの問題を抱えているのはなぜですか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

赤ちゃんの初期の肥満の結果として体内の脂肪細胞の大きさと数が増大し、将来肥満になる場合があります。

人々は,太った赤ちゃんのことを悪くは言わないものです。
ところが,西欧世界の乳幼児全体の少なくとも三分の一について,生後最初の一年間というものは太りすぎていると言われています。
どうしてそのようなことになっているのでしょうか。
赤ちゃんは自分で食物を選んで調整することができず,多くの親は良かれと思って赤ちゃんに食べ物を与えすぎるからにほかなりません。
生後一年ほどの間に赤ちゃんが太りすぎるからと言って,それは大きな問題になるでしょうか。
それがなるのです。
著名な小児科医の中には,そのような初期の肥満の結果として体内の脂肪細胞の大きさと数が増大すると主張する人がいます。
医師たちの話では,その結果,子供は生涯やせるために必死の努力をしなければなりません。
乳児の肥満の対策として,母乳で子供を育てることを提案する人は少なくありません。
それに加えて,英国栄養協会は,固形食(特に穀類)を早期に食べさせることに反対する運動を長い間繰り広げてきました。
それは乳児にとって害になりかねないからです。
英国諸島で売られるベビー・フードの容器には,現在,離乳食は普通生後四か月ないし六か月になるまで必要とはされないという表示が付いています。
そうすれば,乳児は適正な代謝の水準に自らを合わせる時間の余裕が与えられます。
自分の体を健康に保ちたいと願わない人はいないはずです。
すでに考慮したとおり,それは定期的に摂取する食物の量と質によって大いに左右されます。
ほとんどの場合,肥満を未然に防ぐことは可能です。
しかし,その治療法についてはどうでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満の治療にこうした薬剤を使うことはできるだけ避けるべきです、理由は有害な副作用があるからです。

終戦直後,食欲を抑えるのにアンフェタミンが広く使用されました。
しかし,事態は大きく変化しました。
英国医師会により設けられた一特別調査委員会は1967年にこう報告しました。
肥満の治療にこうした薬剤を使うことはできるだけ避けるべきである」。
なぜでしょうか。
アンフェタミン剤を使うと容易ならぬ習慣性を引き起こすことがあり,その上,大抵の場合に有害な副作用があります。
さらに最近になって,一般に“食欲喪失剤”と呼ばれる薬剤が開発されました。
しかし,多くの人々はそれにひどく失望させられています。
そうした薬剤は体組織がより多くのぶどう糖を利用するよう促す手段となるので,蓄積される脂肪の量が少なくなると宣伝されています。
それには効き目がありますか。
英国の内科医マイケル・スピラ博士は,「そのようなことが本当に起きるという証拠は余り説得力のあるものとは思えない」と述べています。
“やせ薬”はどうでしょうか。
上記の薬の中にもこの部類に入るものがあります。
また,市場には,ありとあらゆる種類また大きさの丸薬がはんらんしており,そうした薬には内分泌腺エキスやビタミン,メチールセルローゼ,ホルモン,などが含まれています。
時にはただの下剤しか含まれていないこともあるのです! 薬の種類は確かにたくさんありますが,だれでも減量できる治療法として効き目があるかどうかはまだまだ疑問とされるところです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

ある医師は「肥満症に伴う危険が手術に伴う危険より大きい場合でない限り,手術は行なわない」と発言しました。

肥満症の一治療法: 1977年以来225人の患者に手術を施した結果として,米国オハイオ州立大学のウイリアム・ペース博士は,病的肥満症に対する自分独特の手術は安全かつ効果的である,と主張している。
その手術では,外科用ステープラーを使って胃の上部を下部から仕切り,より広い下部へ通じる小さな開口部があるだけの,ごく小さな上部の胃を作る。
この方法は,消化管のかなりの機能を省略させるよく知られた小腸迂廻手術より安全で,危険な副作用も少ない,と同医師は主張している。
小さな“胃”のおかげで,患者はその食習慣を調整せざるを得なくなり,それによって一年間に体重は40`から55`減少し,その後安定する。
しかしペース博士は,「肥満症に伴う危険が手術に伴う危険より大きい場合でない限り,手術は行なわない」と語っている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

家族の収入が増加すると,男子は太りぎみになり,女子はやせぎみになる報告があります。

「社報,実業家の健康」を情報源として,インダストリー・ウィーク誌が伝えるところによると,ある研究は,「家族の収入が増加すると,男子は太りぎみになり,女子はやせぎみになる」ことを示しているという。
また高等教育を受けた女性の脂肪は,その機会の少なかった人々のそれより何らかの理由で20%うすい。
男子の場合,高等学校を卒業しなかった人々の脂肪の層は,12年間の教育課程を終えた人より10%うすい

posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

肥満体は美しいものとする島があります。

肥満体が美しいとされる島があります。
体重172`のトンガ王国のダウファハウ・ツポー四世は,世界で最も太った王様といわれている。
王もその臣民たちもこの評判を快く感じており,人々は自分たちの体重もふえるようにと切望している。
太平洋上のこの島の住民10万人にとって肥満体は美しいものであり,そこでは食物が“あがめられている”。
トンガの人類学者エペリ・ハウオハは,「我々はやせた人々を好まない。
しかし実を言えば,肥満体が好きなのでもない。
あがめられているのは食物である。
我々は食べずにはいられないだけなのだ」と語っている。
つい最近まで,でっぷりした島民たちはその体重の割には比較的健康だったが,ウォール・ストリート・ジャーナル誌の報告によれば,今では,「不要な食物が入り込んできたため,無病息災は終わりを告げた」という。
西洋で生じている,肥満に関する病気が人々をむしばみ始めている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

心臓疾患,糖尿病,呼吸障害などが太り過ぎの結果としてしばしば生じています。

全米保健統計センターの調査では,アメリカの男子の平均体重は,一番最近に行なわれた十年前の調査の時より約1.8`増加している。
女子の平均体重の増加は約0.45`である。
さまざまな年代をとってみても,男子は平均約9.0`から13.6`,女子は約6.8`から13.6`太り過ぎであるという。
心臓疾患,糖尿病,呼吸障害などが太り過ぎの結果としてしばしば生じています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

赤子の食欲調整を母乳が自動的に行っていました。肥満を防いでいました。

赤子の食欲調整?: 母乳で育てられた赤子は,肥満児になる傾向が少ないと言われている。
なぜだろうか。
英国ロンドンの一研究者は,赤子が大抵母乳の出尽くしてしまうかなり前に飲むのをやめる点に注目し,その理由を調べ,それが授乳時の乳の変化と何らかの関係があるかもしれない,との説を立てている。
彼女の述べるところによると,始めは薄くて水っぽい母乳も,終わりに近づくにつれ白くて濃くなり,「始めの四,五倍の[脂肪],そして1.5倍のたんぱく質」を含むようになる。
カリフォルニア大学医学部のデリック・B・ジェリフ教授も,それに同意して次のように述べている。
「赤子が母乳の感触や味から生化学的な手掛りを得ている可能性はある。
それが食欲を調整するのに重要な役割を果たすことは容易に考えられる」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

英国での研究は,人工栄養で育てられた子供のほうが母乳で育てられた子供よりも,肥満児になる率が四倍も多いことを明らかにしました。

初めて子供を産んだ母親が,経済的に困難なこの時代にあって支出を減らす一つの方法は,子供を母乳で育てることである。
ウオール・ストリート・ジャーナル紙は,最近の一研究論文を引用しているが,その論文は,「人工栄養で育てると一日50セントから75セント(約150円から225円)かかるのに対して,授乳中の母親のために余分の食物を買うに必要とされるのは17セントから21セント(約50円から63円)であるということを明らかにした」。
さらに,英国での研究は,人工栄養で育てられた子供のほうが母乳で育てられた子供よりも,肥満児になる率が四倍も多いことを明らかにした。
母親に備わっている,特定の病気,とりわけ下痢に対する自然の免疫性は,母乳を通して子供に伝えられる。
その上,「母乳で子供を育てた婦人は,後日乳ガンになることが少ない」と同紙は述べている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

アメリカは、今エネルギーの肥満体になっている。

英国のエネルギー問題の専門家ハービー・モーリスは,過去に安い値段で好きなだけ燃料が手に入ったため,アメリカ人はエネルギーを使い過ぎてエネルギーの“肥満体”になってしまった,と語っている。
そして,次のように言い切った。
「あなたがたアメリカ人は真のエネルギー危機に直面しているのではない。
それは単に浪費の問題である」。
モーリス氏によると,彼が調査したヨーロッパの工業用および家庭用燃焼装置の大多数は30年も前からのものであり,こうした装置の燃料ロスはわずか10ないし15%であった。
「ヨーロッパで通常使われている複雑な装置は,アメリカで製造され[輸入され]たものである。
アメリカでは,これまでこうした装置を必要としていなかったのである」と同氏は語った。
アメリカ人は,休暇の旅行や種々のスポーツを中心としたレジャーにも昨年,306億6,000万gの石油を消費した。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

過去20年間にアメリカの子どもの肥満児は50%もふえました。

子どもたちは,昔とは変わってきている。
最近の報告によると,過去20年間にアメリカの子どもの肥満児は50%もふえた。
ハーバード大学のJ・メイヤー博士はその原因を,高カロリーの食物と,テレビを見るために,「無意識になされるからだの運動が急激に減少していること」とに帰している。
知的な面での変化も同様に著しい。
今日,高校の中には親が大学で学んだことを生徒に教えている所もあり,小学校の生徒がかつては中・高等学校で用いられた教材を使っている場合もある。
1958年の国連の報告は,若い人たちの関心はあまりにも急速に変化しているため,年が7つも違うと考え方の面で,かつての2世代ほどの開きがあると述べている。
しかし,最近のガーディアン紙の論評によると,1960年代の半ばまでには,「年齢が2,3歳違う若い人たちのあいだに世代の隔たりがあった」という。
最近出されたアメリカ政府の白書が,米国の児童の10ないし12%は定期的に精神衛生面の治療を必要としていると述べていることに不思議があろうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

健康の主要な敵肥満,そして脂肪分の多い食事はそのひとつです。

濃厚な食物を多量に食べると体に脂肪が蓄積する―アメリカの成人の半数は太り過ぎである。
しかしもっと危険なのは,目に見えない脂肪の蓄積で,とくに心臓の冠状動脈の壁面の脂肪の蓄積である。
重要な動脈の栓塞は多くの場合致命的な心臓まひを引き起こすことになる。
調査によると,濃厚な食物をほとんどとらないアフリカのバンツー族やその他の人々の中には,冠状動脈の壁面に脂肪のたまっている人はまずいない。
だから心臓病は少ない。
ところが物質的に豊かな国の人々の間では,動脈の脂肪の沈積はごく普通になっている。
第二次世界大戦中,スカンヂナビア諸国の人々の食事のカロリーや脂肪の量が少なかったとき,心臓病が急激に低下したことは意味深い。
それで自分の食事に気をつけることが,健康の維持に肝要であり,心臓発作の可能性を少なくするのは明らかである。
脂肪太りの人は,おそらく体内でも脂肪が動脈の中に蓄積して,動脈を危険なまでに狭めていることを忘れてはならない。
それで太り過ぎは避けねばならない。
また動物性の油で揚げた物を制限するかまたは避けること,豊富な栄養源として野菜,果物,メロン類,穀物などを用いることが勧められるかもしれない。
健康をそこなう別の原因は,スピードを競い,緊張を生む今日の生活様式である。
昔の人々は,今日の人々のように時間に追われたり,恐るべき競争心や隠れた敵意をもってテンポの早い生活をすることはなかった。
これの影響を計るのは難しいかもしれないが,専門家の中には,それが心臓の冠状動脈疾患の激増している原因であると考える人もいる。
心臓病専門医,メイヤー・フラドマンはこう説明している。
「私が言わんとしていることは―そしてそのことを裏付けるデータは多くある―人があまりにも少ない時間内に,あまりにも多くの事をし遂げようと,あまりにも間断なく苦闘して,自分自身のうちに時間的な切迫感を生ぜしめたり,または他の人々と激しい競争をするときにはいつでも,その苦闘が心臓の冠状動脈疾患に至る歩みを早めるということである…この精神的な不安によって生じる生化学的力は,それ自体,[急速虚脱の]心臓の停止を招きかねない」。
エンジンを絶えず最高速度で回転させて自動車を走らせるなら,エンジンの寿命は縮む。
幾百万もの人々は自分のからだに事実上,同じようなことをしているのであり―同僚よりも出世し,より良い地位につき,より多くを成し遂げようと必死に努力し―その結果,突然に倒れることになる。
確かにそれほどにする価値はない。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

専門家筋によれば子どものときに太っていた人はおとなになってもやせないようです。

太った赤ちゃんは太ったおとなになる。
アメリカ,ニューヨークの,肥満を専門に研究しているハンス・ニューベルグ博士は,そうした肥満の治ゆ率は「胃がんの治ゆ率よりも低い」と語った。
栄養過多の幼児の場合,生後二,三か月の間に,脂肪の細胞数が3倍から4倍になる。
それらの細胞はいつまでも存在するらしく,後になって問題を引き起こす原因となる。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満

人が大食する理由として挙げる最も一般的な理由は,厳格な食餌制限をしていたということです。

食餌制限の役割調査によれば,人が大食する理由として挙げる最も一般的な理由は,厳格な食餌制限をしていたということです。
1989年に行なわれた肥満の原因に関する調査では,「体重を気にして食餌制限を行なうことがかえって太り過ぎという事態を招いているらしい」ということが明らかにされました。
しかし,なぜそうなのでしょうか。
徹底的な食餌制限を行なおうとする人は,普通,甘い物や味のよい食物を差し控えます。
それら“禁じられた”食物は絶えざる誘惑になります。
しかし,怒りや心配や寂しさを感じると,その人は惨めな気持ちになります。
そして気分を変えるために,自ら断っていたその食物をたらふく食べます。
そのあとは前よりもさらに厳しい食餌制限をしますが,そのあとまた大食するという同じ結果になります。
こうした悪循環が体重の増加と摂食障害につながります。
リーは,食餌制限をしたために拒食症に陥る環境ができてしまったことをこう説明しています。
「私はあらゆる食餌制限を試みていました。
体重は減ったかと思うと,また元に戻りました。
それで今度こそは減量したままの状態を保ちたいと思いました」。
摂食障害の原因を知っていれば問題を必ず克服できるというわけではありませんが,そのような知識は,窮地から抜け出すための助けになる場合がありますし,問題に陥らないための助けにもなります。
しかし,自分自身や身内の者や友人に,摂食障害に陥りやすい人の人格特性が見られることに気づいた場合,どうしたらよいでしょうか。
そのような特性は,どうすれば克服できるのでしょうか。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。