妊娠時

妊娠時

妊娠時の体重増加は自然な現象

妊娠した女性は体重の面で両極端を避ける必要があります。
「クラウスの食物・栄養・食餌療法」(このページに関連した本を紹介しました)によると,
誕生時の体重が軽い場合,赤ちゃんの死亡率は正常な体重の新生児の40倍になります。
一方,2人分の食事をするなら,肥満を助長するだけです。体重の増加は妊娠4か月目からいっそう顕著になります。
適正な増加は妊婦が需要の増加に見合う量を食べているしるしです。

妊婦 と 赤ちゃんの本




妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。
妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。
この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でも減量に役立てましょう。
ダイエットは、サイエンスです。
posted by Yy at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊婦
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。