体重を減らす最善の策は規定食、すなわちダイエット

ふとり過ぎの人々は薬を服用して体重を減らそうとする場合が多いが,1971年7月23日号,メディカル・レター誌によれば,そうした方法は危険なだけでなく非現実的である。
同誌は,薬を服用して肥満を直そうとする方法は「永続的な効果のあることが実証されていない」と述べている。
薬を服用すれば,副作用を招くおそれがある。
同医学雑誌はこう述べている。
新しい方法や薬剤が続々と登場していることは,たいていの肥満体の人々の体重の減少状態を持続させるのにそうしたすべての手段が概して失敗していることを示している。
…体重を減少させるための最重要な方法はやはり,規定食にかぎる」。
他の方法の場合,体重は減っても,ほどなくして元に戻ってしまう。
同記事は結論で次のように述べている。
「急場しのぎの計画,風変わりな,もしくは特殊な規定食や薬剤の服用は一時的に体重を減少させる以上の効果をもたらすことはまずない。
事実,患者が生涯食事に制限を設けることに同意する以外,肥満を恒久的に抑制できるものはない」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。