肥満は遺伝です。

問題は一体どこにあるのか太りすぎの原因はどこにありますか。
それは普通,遺伝や内分泌腺の機能低下やホルモンの不均衡など,当人にはどうしようもない原因によるのでしょうか。
太りすぎと食べすぎの間にはどんな関係があるでしょうか。
まず第一に,太っている人すべてが大食漢ではないということを述べておかねばなりません。
ハーバード大学公衆衛生学部のジーン・メーヤー教授は,「肥満者の食欲や食物の摂取量がごく正常な場合も少なくない。
場合によっては平均値以下のこともある」と言明しています。
時には,体が体液をきちんと処理できないために余分の体重が付いてしまうことがあります。
ホルモンの不均衡や遺伝も一因になるかもしれません。
「実験動物の場合,肥満の多くは本来遺伝的なものである」と,メーヤー博士は述べています。
人間の場合はどうでしょうか。
「人間の場合も,遺伝が非常に重要な役割を果たしていることを示す確かな証拠がある」と同教授は述べ,さらにこう付け加えています。
「脂肪細胞の数はあらかじめ定められているようである(生後一年間の栄養過剰の影響で幾らか増えることは例外となるかもしれない)。
肥満は遺伝である。
ボストン地方で,両親がやせている場合,その子供が高校のころに肥満体になる率は平均7%である。
片親が太りすぎている場合,その率は40%になり,両親そろって太りすぎの場合,その率は80%になる。
生まれてすぐに養子にされた子供の場合,その[養]父母の体重と上記のような相関関係を示すことはない。
これは,家族の食習慣ではなく,遺伝が決定的な要因になっていることを示している(この結果は英国で行なわれた大規模な調査によって確証されている。
)」―下線は本誌。
確かにその通りですが,内分泌腺の障害や遺伝を太りすぎの原因として挙げる人が余りにも多すぎるのも明らかです。
ブリタニカ百科事典(1976年版,英文)は次のように述べています。
「体の必要に応じて食物の摂取を調整する体の能力は,数々の要因によって妨げられることがある。
そのうち,ホルモンの不均衡と内分泌腺の欠陥は最も重要度が低く,肥満者全体の約5%にしか認められない」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。