ピーナッツは栄養が豊富

ピーナッツの利用法あれこれピーナッツには驚くほど栄養価があります。
食物繊維が豊富で,13種のビタミンと26種の無機質が含まれており,その多くは現代の食生活に不足しがちなものです。
「同じ重さで比較すると,ピーナッツはタンパク質や無機質やビタミンが牛のレバーより多い」と,ブリタニカ百科事典(英語)は述べています。
でも,体重を気にしている方はご注意ください。
ピーナッツには,「高脂肪のクリームより多くの脂肪」と「砂糖より多くの食物エネルギー(カロリー)」が含まれているのです。
ピーナッツは,さまざまな国の料理で幅広く活躍しており,その独特の味はすぐにそれと分かります。
「ピーナッツには非常に強くて個性的な風味があるので,ひいたピーナッツで味つけした料理はどれも同じような風味がします」と,料理評論家のアニャ・フォン・ブレムゼンは言います。
「そのため,インドネシアのピーナッツソース,西アフリカのスープ,中国のめん,ペルーのシチュー,そしてピーナッツバター・サンドイッチは,みんなどことなく味が似ています」。
ピーナッツはスナックとしても世界中で人気があります。
例えばインドでは,乾燥させた他の豆類と混ぜて街角で売られています。
興味深い点として,「素晴らしきアメリカのピーナッツ」(英語)という刊行物によると,サンドイッチによく使われるピーナッツバターは,「1890年ごろ,[米国]セントルイスの医師が高齢者の健康食品として考案したものである」と伝えられています。
もっとも,ピーナッツはそのまま食べる以外にも,利用法がたくさんあります。
アジア諸国では,ピーナッツは食用油の大切な原料です。
ピーナッツオイルは非常に高温の調理にも使え,しかも食材の風味を損ないません。
ブラジルでは,ピーナッツオイルを搾った残りかすが飼料として使われています。
他の日用品にもピーナッツ製品がたくさんあります。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。