ダイエットしても9割以上の人が元に戻ります

極端なダイエットのわなある筋によれば,アメリカ人の4人に一人が何らかのダイエットを行なっています。
それでも,ダイエットしてやせた人の9割以上がまた太っています。
いったい何がいけないのでしょうか。
体は暖房装置に例えることができます。
脳はサーモスタットです。
物を食べると,新陳代謝によって食物は燃焼し,エネルギーを出します。
体が必要以上の燃料を取り入れると,それは脂肪として蓄えられます。
さて,やせようとして一時的に絶食すると,確かに最初はやせますが,体はすぐに“緊急モード”に移行し,新陳代謝の速度を遅くすることによって,サーモスタットの温度を下げます。
そうなると,極端なダイエットをしていても,また太り始め,食べた物の大半が脂肪として蓄えられます。
せっかくやせてもまた同じだけ太り,さらに前よりも太ってしまいます。
がっかりしてまたダイエットしますが,やせればやせるほど,それ以上に太るのです。
これで,ダイエットの仕掛けが決してうまく行かない理由が分かっていただけたでしょう。
痩身薬は,一時的に食欲を抑えてくれるかもしれませんが,体はたちまちのうちにそれに順応し,食欲は戻ります。
あるいは,新陳代謝の速度が下がり,どのみち太ることになるでしょう。
めまい,高血圧,不安神経症などの副作用を経験した人がいることは言うまでもありません。
中毒になる場合もあります。
水分を排せつする作用のある薬や新陳代謝の速度を速める薬にも同じことが言えます。
ローレンス・ラム博士は率直にこう述べています。
「体脂肪を安全かつ効果的に落とす薬などない」。
若い人の体は,毎日かなりの量のカロリーと栄養素を摂取する必要があります。
極端なダイエットをすると,実際には成長を阻害することになりかねません。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。