水を適量飲むなら,蓄積された体脂肪を減らすのに役立つようです。

安全に減量する安全な減量の第一歩は,掛かりつけの医師による徹底的な健康診断から始まります。
医師は,単純なダイエットの計画をざ折させるかもしれない健康上の問題がないかどうか診断してくれます。
また,無理のない減量目標を定めるよう助け,無理のない期間内にその目標に到達するための作戦を立ててくれます。
朝食を決して抜かない。
「空腹感や満たされない気持ちに打ち負かされることになり,その日の後刻に食べ物を,つまりカロリーを詰め込んでしまう傾向に陥る」と,「新版 十代の体」は警告しています。
食前に毎回,水を大きなコップ1杯飲む。
そうすれば,おなかが膨れます。
水を適量飲むなら,蓄積された体脂肪を減らすのに役立つようです。
そのため,医師たちは一日に水を少なくともコップ8杯飲むことを勧めています。
テレビを見ながら食べない。
シーモア・アイセンバーグ博士は,「夢中になってテレビを見ていると……機械的に食べるようになる[ことがある]」と述べています。
ゆっくり食べる。
満腹になったことが胃から脳に伝わるのに約20分かかります。
食べることに代わる,健康的な活動を見つける。
特にそうすべきなのは,退屈した時や緊張した時,寂しい時,がっかりした時などにいつも食べる習慣がある場合です。
信頼できる人と話をしましょう。
散歩に出かけたり,運動したりしてください。
趣味に取り組んだり,音楽を聞いたりもできます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スリム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。