私が減量できたのですから,だれにでもできます!

私が減量できたのですから,だれにでもできます!風呂場の体重計は大嫌いですか。
私は嫌いでした。
去年,110`近くという新記録に達した体重計の針を見つめ,嫌気がさした時のことは忘れもしません。
その時,こう考えました。
『ボクシングのヘビー級世界チャンピオンや,プロのアメリカン・フットボール選手の大半より重いわけだ。
これは笑い事では済まない。
このままでは危ないぞ』。
多分,あなたも私のような人をご存じでしょう。
中年に差しかかった事務系の仕事をしている男性で,若い時は運動したものの,今では新聞にひとしきり目を通す合間を見ては思いついたように体操するという有様の人を。
高血圧すれすれ,血清コレステロール値は“高め”,そして約20`太り過ぎなのにさほど深刻ではないと思っていました。
実のところ,これは疑いもなく深刻です。
私のような人が毎日心臓発作で亡くなっています。
しかも,心臓発作を起こす人は大勢いるのです。
お望みなら体重が1`増えるごとに高くなる危険性に関する統計を提供できますが,本当の問題は統計には表われません。
はっきり言えば,孤児とやもめが後に残されることが問題なのです。
そうです,問題は私の二人の幼い娘のような子供たちが,大人になってゆくときに父親がいないということです。
提案されている四つの方法とは,(1)ふさわしい食物を,(2)ふさわしい時に,(3)ふさわしい量だけ食べ,(4)ふさわしい運動をする,というものでした。
この指針は効果てきめんでした。
このとおりにしてみて,約30`減量できたのです。
ですから,皆さんも減量できるでしょう。
私が減量中に気づいた幾つかの点は,皆さんにも参考になると思います。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スリム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。