結核,潰瘍,および自殺が原因で死亡する人の割合は,肥満体の人の間では実際に平均を下回っています。

太り過ぎの問題―どんな解決策があるか体重が増え過ぎていることに気をもんでいますか。
体重が減ったかと思うとすぐまた増えてしまうでしょうか。
そのようなかたには,少なくとも,ある程度までの太り過ぎにはそれなりの益があることを知っておかれるようお勧めします。
著名な栄養学者ジーン・メーヤーはこう報告しています。
「結核,潰瘍,および自殺が原因で死亡する人の割合は,肥満体の人の間では実際に平均を下回っている」。
また,ヒポクラテスによると,「腹部が幾分太っている人は最も良い働きができる」とのことです。
この問題に関心を持っているアメリカの著名な精神病医の一人アルバート・スタンカード博士も同様の意見を述べています。
しかしここで,「幾分太っている」という表現に注意してください。
「幾分」以上に太っている人がかなり多いというのが実情です。
自分が太り過ぎているかどうかはどうすればわかるでしょうか。
一つの方法は鏡を見ることです。
また別の方法として,自分の体重を,身長・体格・性別に基づく体重の平均値と比べてみることができます。
しかし最も良い方法は,上腕部内側あたりの,皮膚のたるんでいる部分を指でつまんでみることです。
2.5a以上の厚さがあれば,おそらく太り過ぎていると言えるでしょう。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スリム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。