定期的な少しの運動は、肥満予防に効果がある

定期的な運動の価値について  : 肥満,冠動脈疾患など,座りっぱなしの事務職に起因する健康問題を避けようとして,たまに張り切って運動する人が多い。
しかし,最近の研究によると,たまに激しく運動するよりも,いつも適度に運動するほうが,新陳代謝を促進する効果がある,と「南ドイツ新聞」は報じている。
オランダの研究者クラース・ウェスターテルプ博士は,30人のボランティアについて,1分ごとのエネルギー消費を研究した。
その結果,「ひとしきり激しく運動して,じっとしている時間の埋め合わせを」するより,日々の生活でもっと体を動かすほうが効果的であることが分かった。
その記事は,「座ったり,立ったりする姿勢を織り交ぜ,その合間に,できるだけウォーキングやサイクリングなど適度な運動をすること」を提案している。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | スリム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922163

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。