毎日10億j(約1,400億円)!がダイエットに使われています

米国の人々は,健康管理のためにこれだけのお金を費やしているのです。
ドイツ連邦共和国に住む人々は,健康面での必要を満たすために,1年間に国民総生産の5分の1を上回る額,すなわち約3,400億ドイツ・マルク(約25兆円)を費やします。
先進国なら大抵どの国でも状況は似通っています。
確かに,これらの国の一般市民は,自分の健康を以前よりも気にするようになっています。
ダイエットや運動に関する本やビデオは,常にベストセラーの上位を占めています。
健康食品,ビタミン剤,体操器具,運動用品などの販売は,非常にもうかるビジネスになっています。
それに今日では,成功している人のイメージとは,もはや葉巻をくわえた大物ではなく,きちんとしていて,みなりの清潔な,そして健康管理に気を遣っていることを感じさせる人物です。
健康の維持・管理にこれほど注意と関心を払っているのですから,現代の人々は,実際に以前の世代の人々よりも健康になっているでしょうか。
医療や健康管理のために巨額のお金を費やした結果として,全部の人が身体的に満足のゆく状態に達しているでしょうか。
実際,わたしたちはどれほど健康なのでしょうか。
危険とマイナス面また危険やマイナス面もあります。
チェンジング・タイムズ誌は,重量挙げに関する記事の中で,「マイナス面の筆頭は,持ち上げる時に湾曲させることが原因で生じる腰の損傷である。
またひざの軟骨の裂傷も,よくある事故である」と述べています。
さらに腱炎や骨関節炎の危険もあります。
後者にかかりやすいのは肩の関節です。
同記事によると,これらの危険は,「重いバーベルを使ってトレーニングする人たちにあり,十代後半の人でも,二十過ぎの人でも変わりはない」ということです。
さらに女性の場合は,過度の運動から生じうる生理機能の障害や異常を考えに入れていなければなりません。
ほとんどの女性のホルモンや遺伝因子の仕組みは,筋骨たくましい体つきにするものではありません。
したがって,筋骨たくましい体をつくる目的であれば,女性は大抵の男性よりも長く練習をしなければなりません。
また,女性には体脂肪が男性よりもたくさんあります。
この自然の体脂肪を減らして,脂肪の少ない,筋肉のたくましい体形にするために極端なダイエットを行なった女性が幾人かいます。
しかし,不適当なダイエットは,栄養が十分にとれないという危険があります。
ニューズウィーク誌は,ある有名な女性ボディービルダーの外見について,「筋肉隆々の体をしているにしては,顔はやつれて疲れたように見え,まるで病人だ」と評しています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_b
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。