摂食障害が4人に1人の少女に、原因はダイエット

十代の少女4人につき一人には,摂食障害の症状が少なくとも一つ現われていると推定されており,非常に多いのは無理なダイエットである。
14歳から19歳までの年齢層の殺人犯の率は,あらゆる年齢層の中で2番目に高い」。




妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、

内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。

妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

一方、水を飲むと、満腹感を味わうことができるため、減量効果が得られます。
減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。
この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でも減量に役立てましょう。
ダイエットは、サイエンスです。
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_b
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。