筋肉ダイエットは有害、脳が緊急モードになります

失われる筋肉ダイエットは有害な場合がある。
特に,皮下脂肪を落とそうとして筋肉組織も失う場合は有害である。
保健関係のコラムニスト,ウェイン・ウェストコットの説明によると,「筋肉は我々が1日中行なう多くの事柄に極めて重要な働きをしており,筋肉を失うわけにはいかない」。
ダイエットをしていない人でも,座っていることの多い生活を送っているなら,筋肉を失う危険にさらされている。
典型的な座っていることの多い人は,10年ごとに平均2`の筋肉を失うと同時に,7`の脂肪をたくわえるとされている。
ウェストコット博士はこう述べている。
「浴室の体重計のうえでは,5`増加の問題(脂肪7`分から筋肉2`分が差し引かれた)と映るかもしれないが,実際は9`の問題(脂肪が7`増えたことに加えて,筋肉が2`減ったということ)なのである」。
健康と体力を維持するために,エアロビクスと筋力トレーニングの両方を行なうよう強く勧められている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_b
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。