外食は飽和脂肪で食べ過ぎになりやすいです

外食する時ファーストフードのレストランは人気を集めています。
しかし,そこで出される食品は大抵,飽和脂肪を多く含んでおり,カロリーも高いので,注意が必要です。
例えば,大きめのハンバーガーや二段重ねのハンバーガーは,1個当たり525ないし980カロリーありますが,その多くは脂肪によるものです。
ファーストフードは油で揚げたり,脂肪の多いチーズやトッピングやドレッシングを添えたりしてあることが少なくありません。
そうした食事をしていると,健康を損なう可能性があります。
住んでいる国のレストランで出てくる料理の分量が多い場合は,食べる量に気をつける必要があります。
全部食べない場合は,残した分を家に持って帰りたいと申し出ることもできます。
ダイエットを心掛けている人の中には,前菜だけを注文する人もいます。
前菜は普通の主菜よりも量が少ないからです。
主菜を一品だけ注文して,二人で分けて食べる夫婦もいます。
しかし,その場合はサラダを一品余分に注文します。
手ごろな均一料金で食べ放題というレストランには用心するのが賢明です。
そうした店ではついつい食べ過ぎてしまうものです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_b
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70922136

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。