深刻な摂食障害はダイエットも原因

分別のある食事をすると,女子は10歳から14歳の間に,身長が25a伸び,体重は18`から23`増える。
一方,男子は12歳から16歳の間に,身長が30a伸び,体重は23`から27`増える。
この急速な成長期に,十代の若者は体重のことで大きな不安を感じることがよくある。
体重のコントロールに気を遣う若者も多い。
「しかし,ダイエットすることや食べる量を制限することは健康的な解決法ではないので,勧められない」と,栄養士のリン・ロブリンはカナダのトロント・スター紙に。
そのような方法は体から栄養分を奪うことになりかねない,とロブリンは述べる。
また,ダイエットによって,「不健康な食習慣がつき,もっと深刻な摂食障害につながることもある」。
十代の若者は自分のスタイルについてもっと現実的な見方をし,「分別のある食事をして,よく動き,自分に満足する」ことによって健康的な体重になれる,とロブリンは述べている。
摂食障害にはさらに根深い原因が存在する場合もあります。
例えば,「新版 十代の体」(英語)にはこう述べられています。
「調査によると,性に関係した心的外傷(虐待やいたずら)を持つ人は,無意識に自分を守ろうとして,自分の体を性的魅力のないものにしたり,食べ物のような何か安全なものに注意を集中したりすることがある」。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_b
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。