減量した規定食(ダイエット)は人体の防御機構を向上させます。

人体の防御機構は,減量した規定食で改善できるようだ。
アメリカ,ロサンゼルスのカリフォルニア大学医学部のロイ・L・ウォルフォード博士が第1回国際免疫学会議で報告したところによれば,栄養価の高いエサを通常の3分の1に減らして与えられたネズミは寿命がかなり延びただけでなく,発ガン傾向も非常に低くなった。
ネズミの発育速度は比較的ゆるかやではあったが,健康を害することなく最終的には普通の大きさのネズミに成長した。
これは人間にとって小食が賢明であることを示すものかとの質問に,ウォルフォード博士は,「そういうことになる。
が,それにはごく幼い時から小食を実行する必要がある」と答え,また,そうした規定食は栄養に富み,平衡の取れたものでなければならないと語った。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。