適度な運動をする人や動物が実際には他のものより食べる量の少ない結果が出ています。

運動は体重を減らそうとするむなしい試みである,というのが一般の見方である。
なぜなら,わずか0.5キロ体重を減らすのに60キロメートル以上も歩かねばならない点が指摘されているからである。
このことは事実である。
しかしこれは歩くことすべてを1日のうちにしなければならないという意味ではない。
0.5キロの体脂肪に相当する数千カロリー分もの余分の食物を1日のうちにい,や2日3日かかってさえ摂取することはないであろう。
1日に1.6キロメートル,すなわち1年に約580キロメートル余分に歩けば,食物の摂取量が増えないとすると,年間を通して,5キロの体脂肪を燃焼することになる。
そのうえ,人々の考えとは反対に,このような適度なからだの運動が食欲を大きく増進させることはない。
事実,人間と動物を対象とした研究や実験によると,適度な運動をする人や動物が実際には他のものより食べる量の少ないことが繰り返し証明されている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。