減量手術には5%の死亡率がつきまといます。

減量しようとする決意は極端へ走ることがあります。
ひどい太りすぎに対する現代の療法は,上あごと下あごを針金で縛ってしまうものです。
こうなると,物を食べなければ気の済まない人も流動食だけで生きてゆかねばなりません。
さらに荒療治と言えるのは,食物が小腸の大半と大腸の一部を通らないようにするための手術です。
養分は腸壁から吸収されます。
ですからこの処置は,食物が同化されずに体内を通過することを意味します。
幸いなことに,この手術は通常復元可能です。
それでも,その手術には5%の死亡率がつきまといます。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。