食物を吸収する小腸の大部分を手術で切除する方法がある、しかし危険です。

徹底的な減量法の一つに,食物を吸収する小腸の大部分を手術で切除する方法がある。
しかしこの方法は重大な余病を併発する場合がある。
イングランドとウェールズの科学者から成るチームの研究によって,比較的年若い患者がこの短絡的な方法で減量を行なうと,骨の疾患である一種のくる病にかかる恐れが非常に高まることが明らかになった。
減量の手術を受けた21人の患者のうち,10人にその兆候が見られた。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。