代替手段(何かに夢中になり、それに頭を満たす)によって抵抗し、減量に成功する。

ウェイト・ウォッチャーズ・インターナショナル株式会社の心理学の理事R・スチュアート博士は,減量をしようと懸命に努力している人に次のように勧めています。
「夢中になれる一連の活動を行なって頭の中を忙しくしていなさい。
何かを作ったり趣味を楽しんだりするととても役に立つものだ。
すぐにその活動に携われるよう,可能なら手近な所に材料を用意して,仕事場をいつでも使えるようにしておきなさい」。
あなたもこのような方法から益を得られるかもしれません。
そうです,以前の悪い習慣を健全な活動で置き換えるのです。
思い起こしてみると,生活が緊張していた時,そのような習慣はあなたにある程度の気晴らしをもたらしたことでしょう。
ですから,それと同じ目的を効果的に果たす代替手段を選んでください。
読書をしたり,運動をしたり,楽器を演奏したり,絵を書いたり,友人とおしゃべりをしたりすることができます。
代わりになりそうな活動のリストをすぐにでも書き出してください。
自分が打ち込むことにした活動に注意を集中してください。
以前の習慣と同じように,そうした新しい活動を何度も何度も行なってください。
このようにすれば,ストレスを感じた時にそうした活動から助けを得ることが一層容易になります。
実際のところ,新しく置き換えられたこうした活動は習慣,そうです,良い習慣になるのです。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。