母乳を与えると乳がんの危険が減り,出産後の減量を早める。

母乳がいちばん「母乳はあらゆる薬の母である」と,ニューズウィーク誌(英語)は言う。
「母乳を飲む乳児は,脳の正常な発育に必要な栄養素を摂取でき,同時にアレルギー,下痢,湿疹,肺炎などにかかる危険性も低くなる」。
そのため,アメリカ小児科学会とアメリカ食品栄養学会は,少なくとも1年,新生児に母乳を与えることを母親たちに勧めている。
「ところが,非常に質の良いこの栄養源の大部分は利用されていない」と,ニューズウィーク誌は述べている。
なぜだろうか。
その原因は誤った情報にあることが多い。
乳児を健康に育てるのに十分の母乳が出ないかもしれないという心配をする母親もいる。
また,早くからほかのベビーフードも食べさせる必要があると考える母親もいる。
「しかし実際には,たいていの母親が,赤ちゃんの毎日の食物に固形食を加えるようになる生後6か月ごろまで,赤ちゃんに必要な栄養をすべて与えることができる」と,その記事は述べている。
「他にどんなものを食べていようと,母乳に含まれる抗体と脂肪酸は,2歳ぐらいの子供に対しても有益な働きをする」。
これは母親のためにもなる。
母乳を与えると乳がんの危険が減り,出産後の減量を早める。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。