ウォーキングは,減量やストレス解消だけでなく,「血圧や心臓発作の危険」を下げます。

健康のために歩くウォーキングは,減量やストレス解消だけでなく,「血圧や心臓発作の危険」を下げるのにも役立つと,トロントのグローブ・アンド・メール紙は述べている。
健康を保つには,ある程度の時間をかける必要がある。
どのくらいだろうか。
「『カナダ運動ガイド―元気で活動的に生きる』によると,中程度のペースで歩く場合は1回に少なくとも10分,1日に合計60分は歩く必要がある」。
早足や自転車乗りを1日に30分から60分,またはジョギングを毎日20分から30分行なうことも健康維持に役立つと考えられる。
同紙は,軽くて,通気性があり,底が柔らかく,土踏まずをしっかりと支え,内底が衝撃を和らげ,つま先がゆったりしている靴を履くように勧めている。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。