40歳で太り過ぎの人は,そうでない人より寿命が少なくとも3年縮みます。

太り過ぎの危険「40歳で太り過ぎの人は,そうでない人より寿命が少なくとも3年縮む可能性がある。
つまり中年で太っていると,喫煙者と同じほど平均余命が短くなる」と,ニューヨーク・タイムズ紙は伝えている。
ある病院の減量クリニックの責任者セルジュ・ジャバー医師は次のように述べている。
「この調査によれば,30代半ばから40代半ばにかけて太り過ぎている場合,後に幾らか体重を減らしても死亡の危険性が普通より高い。
……要は早くから体重を管理すること。
長くほうっておくと,取り返しがつかないかもしれない」。
減量すれば,がんによる死を防げる場合もある。
ニューヨーク・タイムズ紙によると,米国がん協会は,16年にわたって90万人を対象にした調査から,「体重過剰は男性のがん死亡の14%,女性のがん死亡の20%の原因と考えられる」という結論に達した。
複数の調査結果により,体重過剰と種々のがんとの関連が指摘されている

posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。