モデルの体形がダイエット開始の犯人

「体形を気にし,ファッションモデルや人気スターのようになりたいと願って食事を抜く十代の女子生徒があまりに多い」と,ロンドンのデーリー・テレグラフ紙は述べている。
英国の学校健康教育課が30万人の生徒を対象に行なった食習慣調査によると,14歳と15歳の女子の40%余りは「朝食を取らずに登校しており,1984年の統計と比較して,朝食抜きで出かける生徒数はほぼ2倍になった」。
昼食を抜く生徒も増え,1984年の2%が2001年には18%になった。
拒食症や過食症などの摂食障害になる危険が高いため,女子校の校長たちは生徒の体重の変化を監視するよう求められている。
男子もますますダイエットに関心を示すようになっている。
減量したいと思う男子生徒は,12歳と13歳で31%,14歳と15歳で25%であり,それぞれ前回の26%と21%を上回っています。


posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット_a
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。