ダイエットは、幼児から

ダイエットは、幼児から

食べ過ぎの幼児は容易に肥満児になる可能性があります。

食物の摂り過ぎの問題のことを言われましたが,それは本当に憂慮すべきことになっているのですか。
多くの先進工業国ではあらゆる年齢層で肥満が公衆衛生上の大きな問題になっています。
生活様式の変化および食物がより多く入手できるようになったことがこの問題を大きくしています。
学齢期の子供の場合,特に1年生から3年生にこの問題が多く,運動をする機会の限られがちな都市部にこの傾向が著しく見られます。
標準的な体重を20%以上上回る人は肥満とされています。
食べ過ぎの幼児は容易に肥満児になる可能性があり,食習慣を改める手段が講じられないなら,
その肥満児は肥満の大人になり,高血圧,糖尿病,心臓発作や脳卒中の危険にさらされます。




減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。
(1) 脂 肪を体に蓄えない。
(2) 体の脂 肪を積極的に燃やす。
この2つを実行するため、キャベツなどの低カロリー食やウォーキングなどの運動が大切です。
posted by Yy at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。