ダイエットは、赤ちゃんの時から


ダイエットは、赤ちゃんの時から

親から食物を与えられすぎる赤ちゃんは大人になっても必ず太る

太り過ぎの赤ちゃんが太り過ぎの大人?
親から食物を与えられすぎる赤ちゃんは大人になっても必ず太る,
と米国テキサス州のサンアントニオにある生物医学研究南西財団の科学者ダグラス・S・ルイスは断言している。
ただし,アメリカ心臓協会に提出した報告書の中でダグラスは,
その種の肥満はすぐには現われないと述べている。この意見の土台となっているのは,
生後4か月間―人間の1年に相当する―に過度のえさを与えられたヒヒを使った5年間にわたる実験だった。
普通の量のえさを与えられたヒヒ,および少量のえさを与えられたヒヒに比べて,
過度にえさを与えられたヒヒは三,四年してから体重が増え始め,思春期の終わり,
つまり5歳になるころには,39%も余分の体重がついていた。



このサイトは、次の内容を紹介しています。

妊婦 ダイエットは、妊娠時に太るため考える人が非常に多いです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦の体は、赤ちゃんが栄養を必要とするため、体重が増えるように創られているからです。
妊婦は、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、内臓脂肪が減り、ダイエットして行きます。
妊婦は産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどの食事でもダイエットに役立てましょう。
また、運動をすれば、脂 肪が燃えるため、ダイエットできます。

一方、水を飲むと、満腹感を味わうことができるため、減量効果が得られます。
posted by Yy at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんの時から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36593887

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。