産後 ダイエット

妊婦ダイエット、大丈夫です!



     妊婦ダイエットは、 必要でしょうか?



  妊婦の減量は、妊娠時に太るため、 関心事の1つです。
しかし、妊娠時の体重増加は、自然な現象です。
妊婦は、赤ちゃんが栄養を必要とするので、普段より余計に食べることになります。
したがって、太ってしまいます。
適正な体重の増加は、妊婦が需要の増加に見合う量を食べているしるしです。

   したがって、妊婦ダイエットは、自然に逆らう行為、と言えます。

  減量は、出産後に必要になります。
産後、野菜や玄米などの穀類、豆類などをメニューに含む料理を食べることで、
内臓脂肪が減り、体重が減って行きます。
また、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなども役立ちます。
さらに、運動をすれば、脂肪が燃えるため、役立ちます。

  一方、水を飲むと、満腹感を味わうことができるため、減量効果が得られます。


  ●●基本的な方法を要約しました。●●

(1)減量の基本は、内臓脂肪を燃やすことです。

   [1] 脂肪を体に蓄えない。
   [2] 体の脂肪を積極的に燃やす。

 この2つを実行するため、
キャベツなどの低カロリー食、ウォーキングなどの運動が大切です。
妊婦は、産後、寒天、玄米、こんにゃく、野菜スープなどで減量に役立てましょう。

 このように、減量は、サイエンスです。
豆腐、りんごなどをメニューに取り入れた食事、水泳などの運動をどうぞ!!
産後、断食も効果があるかもしれません。


(2) 頭で考えて 

太り過ぎの人は30代になってから毎年数キロの割で徐々に体重が増える場合が多いようです。
時折ダイエットして数キロ減るものの,すぐにおまけが付いて戻ってきます。
あきらめの気持ちという悪循環を断つには,
ダイエットをウエストではなく頭から始めることが必要です。

つまり食べ物に対する考え方を変えることです。
これには紛れもない現実を直視することが求められるかもしれませんが,
そうしなければ,計画が駆け出しからつまずくでしょう。

 ○1週間の飲食物をすべて記録しましょう!

確かに食事どきは腹八分目ですが,夜ひっきりなしに食る場合があります。
昼間自制を働かせても,そのすべてがふいになっていまいます。
夕食後のチーズ,ナッツ,ピーナツバター,クッキーのカロリー計算をしてください。
カロリーが高いのに、きっと、びっくりすると思います。

耳が痛い話と思います。

さらに、
アルコール飲料を一切やめなければ,減量とその後の体重維持は望めません。


(3)スリム化は食事で実現

肥満の原因は、
・油っこい簡易食品を食べること
・運動不足
・テレビを見ながら食べること

北アメリカの子供たちの多くが肥満の問題を抱えていました。

なぜだろうか?

ある医師は,油っこい簡易食品を食べることと運動不足がその原因であるとして,
「テレビを見ながら,ポテトチップスをほおばっている時には,
子供たちはカロリーを消費しない」と述べました。


(4)食事、そして運動

肥満の原因は、食事の内容と量、運動をしないことにあります。

どうしてこんなに太ったのだろう?

遺伝的形質の影響で肥満になりやすい場合もありますが,
それによって、西洋諸国での体重増加の説明がつくわけではありません。
問題の原因は別のところにあります。

医療関係者たちは,脂肪を食べると太る可能性があることを認めています。
たくさんの肉類や乳製品,ケーキやパイの類,ファーストフード類,
スナック食品,油で揚げた食品,ソース,グレービー,
油脂類には脂肪がたっぷり含まれており,それらを食べると肥満になりかねません。

どうしてでしょうか?

わたしたちの食べる食品に含まれるカロリーが
体の消費するカロリーよりも多いと,体重は増えます。

しかし,他にも重要な要素があります。
それは,炭水化物,たんぱく質,脂肪によって供給されるエネルギーを人体が使う方法です。
人体は炭水化物やたんぱく質をまず燃焼させ,次いで脂肪を燃焼させます。
使用されない脂肪のカロリーは体脂肪に変えられます。

しかし、これらを克服してもまだ太ります。なぜでしょうか?

一つには,食べる量が多いからです。
「食卓に出される物があまりにも多いので食べ過ぎる。そこに食べ物があるから,
食べてしまう」。
人々は低脂肪食品や脂肪分をカットした食品だと食べ過ぎる傾向があります。


(5)メニューが重要

肉類に代えて,穀類,野菜類,豆類などをとればとるほど,体につく脂肪は減ります。

高脂肪の食品の代わりに複合糖質中心の食生活にするなら,必ず益があります。
太り過ぎている人であれば,体重も減るかもしれません。

ある女性は1年間で約25Kg減量したいと思いました。
約0.5Kg減量するには,
カロリーの摂取を体が必要とする量よりも約3,500カロリー減らさなければなりません。
そのためにできるのは,食べる量を減らすことか,運動量を増やすことです。
彼女はその両方を行なうことにしました。
一日に摂取するカロリーを300カロリー減らしました。
また,週に約30Km歩くようにし,そうすることによって約1,500カロリーを消費しました。
この計画を忠実に実行することによって,1週間に約0.5Kg減量することができています。


(6)水と運動が秘密兵器

水!!
スリム化を成功させる点で一日6杯から8杯の水が果たす役割は侮りがたいものです。
空腹を訴えても水しかもらえないということを体がひとたび覚えると,
空腹感は静まってゆきます。

これまでの人生でずっと続いてきた,
夕食後食べ物をつまむ習慣をやめるうえで,水以上に役立ったものはありません。

長期に及ぶ減量の別の秘密兵器は,定期的な運動です。
もちろん,運動が減量に役立つことは周知の事実ですから,どこが秘密なのでしょうか。
この場合,体調も見栄えも良くなるために得られる,心理面の絶大な効果が秘密というわけです。
このような報いは,何かの食べ物が恋しくなる時も,その気持ちを補って余りあります。
そして,自分が冷凍ブドウを食べている時に,
周りのみんながチョコレートムースを食べていても,うらやむことなく闘いを続ける助けとなります。


さらに、各記事のポイントを示しました。

●赤ちゃんの時から

親から食物を与えられすぎる赤ちゃんは、大人になっても必ず太ります。

●幼児から

食べ過ぎの幼児は、容易に肥満児になる可能性があります。

●母乳が大切

次の報告が提出されています。
「母乳でなく脂肪分の多いミルクで育てられた赤ちゃんは,後に肥満になる率が高い」

●医者が必要

安全な減量に医者が必要です

減量はだれにでも出来ます。
私が減量できたのですから,だれにでもできます!

●長期戦が必要です

●赤ちゃんと母乳

母乳は、赤ちゃんの肥満を防ぎます。

●母乳を与えると乳がんの危険が減り,出産後の減量を早めます。

「母乳はあらゆる薬の母である」と,ニューズウィーク誌は言います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。